五味金融庁長官記者会見の概要

(平成18年7月3日(月)17時00分~17時05分 場所:金融庁会見室)

【質疑応答】

問)

先週の金曜日、公認会計士・監査審査会の方が四大監査法人に検査の結果として、基本的な業務運営が不十分とのことで、一斉に業務改善指示を出すように求める勧告が出されましたけれども、この点について御所見と今後の対応についてお願いします。

答)

仰るように四大監査法人検査の結果として、業務改善指示を行うよう勧告がなされました。監査法人による会計監査と言いますのは、企業財務情報の信頼性の確保、これに重要な役割を担うものであります。従って、投資家保護といった観点からも、監査の質といったものが十分に確保される、これが重要であると考えております。従いまして、金融庁としましては今般の勧告を踏まえまして、法令に則り、所要の手続きを踏んだうえで適切に対処してまいります。いずれにしましても、各監査法人において、会計監査に対する信頼が確保されるように、監査の品質を確保する為の対応策、これをしっかりと講じていただきたいと強く期待しております。

問)

幅広い業務の面で基本的な手続きをしていないですとか、審査体制や監査法人ではガバナンスみたいなものが余り効いていないというような現状が明らかになったように思えるのですが、金融庁としてこの辺、今後の監査法人への監督や検査、制度面に生かしていくような材料といいますか、その辺はないのでしょうか。

答)

制度面以前に当然やっていなければならないことが出来ていないということが問題なわけであります。こうした監査の基本中の基本とも言えるところが、会計士協会のレビューも行われているにもかかわらず、出来ていないというところに私どもは大変重大な問題があると認識しています。当然やるべきことは、やっていただくように、これは監査法人自身が、或いは協会が主体性を持って取り組んでいただけなければならない。当然そのために必要と思われる業務改善の指示というものは、今後手続きを経たうえで考えていくことになります。

それから、制度的にこうした監査の質を確保するために必要と思われることがいくつかあるであろうというような点は、現在金融審議会の公認会計士制度部会、これで広く監査法人制度のあり方ということで、総合的な検討を始めておりますので、この部会で関係者の皆さんから幅広い観点からご審議を頂きたい。その結果、必要となる制度改正があるようであれば、私共の責任でこれを実施していきたいと考えおります。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る