五味金融庁長官記者会見の概要

(平成18年10月30日(月)17時00分~17時05分 場所:金融庁会見室)

【質疑応答】

問)

いわゆる貸金業の規制問題について、先週、与党の方でいわゆる特例措置をなくそうという方針が決まったようですが、こういうことによって世論の今回の規制改正案に対する評価がどのように変わるとお考えでしょうか。また、国会審議への影響はどうなると長官はお考えでしょうか。お聞かせください。

答)

与党で今回了承されました改正法案といいますのは、多重債務問題を抜本的に解決する為に有効と考えられるあらゆる施策が総合的に盛り込まれているというように考えております。お話のありました特例措置などの件につきましては、これまでの様々なご議論を踏まえて借り手の保護に一層の配慮を行ったものだというふうに私どもは理解をしております。ご検討の過程で、与党において勿論、世論の動向ですとか様々なこともご配慮になったのであろうと思いますけれども、今後の国会でのご審議ということの見通しを行政当局から述べるというのは僭越であります。明日、閣議でこの法案を決定していただけましたならば、国会に提出をしたいと考えております。国会に提出できましたうえは、早期の成立というものを目指しまして、政府としても国会のご審議に十分な対応をしていきたいというふうに考えています。

問)

損保の問題についてお尋ねします。いわゆる第三分野について各社の状況がどうなっているか報告を求めていて明日期限になりますが、色々なことがある度に同じ質問をしているようで恐縮ですけれども、各社からの報告を受けて金融庁としては、どのようなところに重点を置いて、報告された資料を分析なさり、どのような対応を取られるおつもりかをお聞かせください。

答)

どんな内容のご報告になってくるかということによりますけれども、この不適切な不払いの状況というものがあったのか、なかったのか、あったとすれば、それがどのような内容のものであり、原因はなんであったかというようなことについてご報告を頂くことにしております。報告を頂きましたならば、報告内容についての精査、確認を行うことになりますが、今後の対応としては、これは一般論でございますが、報告の内容をよく精査したうえで経営管理態勢ですとか、支払い管理態勢、こういったものを重点的に検証いたします。この不適切な不払いが仮にあった場合は、それとの関連においてそうした点を検証させていただきます。結果、こうした経営管理、或いは支払い管理といった態勢に問題があるというようなことが認められた場合には、その事実の内容に応じて行政上の対応を適切に取っていくこととします。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る