衆議院財務金融委員会における山本金融担当大臣の発言要旨

(平成18年10月24日)

このたび金融担当大臣に就任致しました山本でございます。よろしくお願い申し上げます。本日は、現下の金融行政について一言申し述べさせて頂きます。

(金融仲介機能の充実と利用者の安全・安心の確保について)

我が国の金融システムを巡る局面は、前政権の大きな課題であった不良債権問題の正常化を達成し、今後は、金融機関が自らの責任と判断で適切にリスクを取って金融仲介を行い、資源の適正配分機能を果たしていくことが重要となっております。また、幅広い金融サービスの利用者の安全・安心を確保することも、活力ある金融システムを実現するうえで不可欠であります。

今後は、金融仲介機能の更なる充実を図る観点から、個人保証に過度に依存しない融資を促すとともに、地域密着型金融の機能強化等、金融機関の自主的・持続的な取組みを促す枠組みを推進してまいります。

他方、利用者の安全・安心の確保の観点から、多重債務問題の解決を目指し、関係省庁と連携を図りつつ、貸金業者の参入要件の厳格化、過剰貸付け抑制のための厳格な総量規制の導入、出資法上限金利の利息制限法の水準への引下げ等を内容とする制度改正に取り組んでまいります。

以上のような各種の施策は、安倍内閣が大きな課題として掲げている再チャレンジ可能な社会を構築するうえでも鍵になってくると考えております。

(金融・資本市場の構造改革と活性化について)

続いて、金融・資本市場の構造改革と活性化についてご説明致します。我が国経済にとって、自由な競争と利用者による幅広い選択を可能とする、活力ある金融・資本市場を形成することが重要な課題であります。また、情報開示の充実や、証券会社の市場仲介機能の適切な発揮等を通じて、投資家から信頼される、公正・透明な市場を確保することも求められます。

こうした問題意識の下、「貯蓄から投資へ」の流れを加速し、我が国の市場が内外の円滑な資金供給を通じた経済発展に貢献するよう、金融商品取引法制の適切かつ円滑な施行など、制度インフラの整備を図ります。また、市場監視機能・体制の強化に引き続き取り組むとともに、世界最高水準の取引所システムの構築等を通じた取引所の国際競争力の強化にも、関係者と連携しつつ努めてまいります。

(結び)

本国会には、先ほど申し上げた多重債務問題の解決を目指し、貸金業の適正な運営を確保するとともに、資金需要者等の利益の保護等を図るため、「貸金業の規制等に関する法律等の一部を改正する法律案」の提出を予定しております。当委員会の伊藤委員長及び委員の皆様におかれましては、よろしくお願い申し上げます。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る