平成20年10月10日
金融庁

金融担当大臣談話
―大和生命保険株式会社について―

  • 1. 大和生命保険株式会社(以下「大和生命」という。)は、本日、金融庁に対し保険業法に基づく事業継続困難の申出を行うとともに、東京地裁に対し会社更生手続開始の申立てを行った。

    同社がこのような事態に至ったことは誠に遺憾である。

  • 2. 大和生命においては、平成20年9月末時点で債務超過となる見込みとなったことから、契約者保護の観点から更なる損失拡大を防ぐため、できる限り早期に更生手続開始の申立てを行ったものと承知している。

  • 3. 大和生命の保険契約の取扱いは、今後、裁判所の監督の下、更生計画において定められることとなる。また、我が国においては、生命保険契約者保護機構のセーフティネットが整備されており、保険契約者は、原則として、責任準備金の90%までは補償されることとなっている。

  • 4. 今般、大和生命がこのような事態に至ったのは、高コストの保険事業を高利回りの有価証券運用で補填するという同社の特異な収益構造が主たる要因であり、他の保険会社とは状況が異なるものと認識している。

  • 5. 金融監督当局としては、今後とも、保険契約者等の保護の観点から、適切な監督に努めてまいりたい。

大和生命保険株式会社の概要

  • 1. 沿革

    明治44年 会社設立

    平成13年 破綻した大正生命より保険契約の包括移転

    平成14年 株式会社化

  • 2. 本社所在地

    東京都千代田区内幸町一丁目1番7号

  • 3. 社長

    中 園 武 雄(平成17年6月~)

  • 4. 契約件数

    約18万件

  • 5. 主要計数

    18年3月期 19年3月期 20年3月期 20年9月期
    (見込値)(注)
    総資産 3,042億円 3,000億円 2,832億円 2,580億円
    保有契約高 11,245億円 11,071億円 10,746億円
    基礎利益 49億円 35億円 25億円
    当期純利益 14億円 13億円 7億円 ▲110億円
    有価証券含み損益 159億円 187億円 ▲112億円 ▲157億円
    純資産 234億円 266億円 41億円 ▲115億円

    (注)20年9月期(見込値)の計数は、大和生命が会社更生手続開始の申立てに際し、裁判所に提出したもの。

    ・ 役員数

    : 9名(19年度末現在)

    ・ 職員数

    : 1,019人(うち内勤職員数:394名、営業職員数625名、19年度末現在)

    ・ 店舗数(営業所等)

    : 63(19年度末現在)

    ・ ソルベンシー・マージン比率

    : 555.4%(20年3月期)

(参考) 生命保険会社の破綻事例としては平成13年の東京生命以来となる8例目。

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る