平成23年3月24日

自見金融担当大臣談話

1.平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震によりお亡くなりになられた方々に対し衷心よりお悔やみを申し上げますとともに、被害を受けられた被災者の皆様方に対して心よりのお見舞いを申し上げます。

2.今般の地震による災害を受けて、様々な団体が、金融機関に災害義援金の口座を開設し、多くの方々から寄附が寄せられているところです。しかしながら、金融機関の窓口に10万円を超える現金を持参して義援金口座に送金しようとする方については、現在、「犯罪による収益の移転防止に関する法律」により免許証等の本人確認書類の提示が必要とされているため、こうした書類を持ってきておられない場合には、その寄附を直ちにお受けすることができないことがあります。

3.また、今般の地震で被災された方々についても、例えばご親戚などから生活資金の送金を受けるために銀行口座等を開設しようとする場合、本人確認書類が失われていると、口座の開設ができないことがあります。

4.今般の地震が未曾有の被害をもたらしていることを踏まえると、多くの方々の災害義援金により被災者の皆様方を支援することや、生活の建て直しを図ろうとする被災者の方々が銀行口座等を円滑に開設できるようにすることは、極めて重要と考えます。

このため、同法の施行規則を改正し、明日(3月25日)、公布・施行することといたしました。その概要は別紙のとおりです。

(本特例措置は、平成24年3月31日をもって措置終了となりました。)

5.他方、災害義援金については、義援金の募集を装った振り込め詐欺等、国民の皆様の善意に乗じた卑劣な犯罪が発生しているため、金融庁としては、今般の措置を講じるに当たって、各金融機関に対し、こうした詐欺の防止等に留意しつつ適切な対応を行うよう要請することとしています。

6.金融庁においては、私(金融担当大臣)を本部長とする災害対策本部を設置し、被災された方々の生活支援等に取り組んでいるところですが、改めて、一日も早い被災者の皆様方の心の平穏の回復と被災地の復旧を心よりお祈り申し上げます。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る