平成23年5月13日

金融担当大臣談話
- 東日本大震災を受けた金融機能の確保について -

東日本大震災により、今後、金融機関に様々な影響が生じうることを踏まえ、

  • (1)地域における面的な金融機能を維持・強化するとともに、

  • (2)預金者に安心していただける、

万全の枠組みを設けることが適切と考え、金融機能強化法を改正するための法案を国会に提出することとしております。

具体的には、まず、国の資本参加の申請期限を5年間延長するとともに、震災の影響を受けた金融機関が国の資本参加を受けようとする場合に、

  • (1)経営責任が問われないことを明確化する、

  • (2)収益性・効率性等の向上の具体的な目標を求めない、

  • (3)国の資本参加のコストを、平時に求められる水準よりも引き下げる、

といった、震災の特例を設けることとしたいと考えております。

また、協同組織金融機関については、限定された営業地区を基盤とし、人的に結合した会員組織である一方、中央機関が一定の指導的役割を担っているといった特性があることから、その特性に応じた、次のような特例を設けることとしたいと考えております。

  • (1)自ら被災し、または被災者への貸付を相当程度有しているなど、今後の財務状況の見通しが必ずしもつきにくい協同組織金融機関であっても、国と中央機関が一体となって資本参加を行う。

  • (2)中央機関は、被災金融機関の経営を指導する役割を担う。

  • (3)将来の事業再構築に伴い繰越損失の処理が必要となった場合は、預金保険の資金等を活用し、参加資本を整理することを可能とする。

このような特例を設けることにより、地域における金融機能の確保と、預金に対する万全な保護が図られるものと考えております。

各金融機関においては、その経営判断として、資本増強が適当と判断される場合には、本法の活用について積極的に検討していただきたいと考えております。

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る