与謝野内閣府特命担当大臣(金融・経済財政政策) 記者会見要旨

(平成18年7月14日(金) 10時20分~10時31分 於 金融庁会見室)

1.発言要旨

閣議は、特段変わったことはございません。案件どおりでございました。

以上です。

2.質疑応答

問)

今日は、日銀の金融政策決定会合の2日目だと思います。大臣は、以前から、ゼロ金利解除に向けた環境について、「整いつつある」及び「明らかに整いつつある」という表現で説明されておられましたけれども、改めて今の状況についてお伺いしたい。それから、今日の閣議及びその前後で、そういったゼロ金利解除に向けた発言が、どなたか閣僚からあったかどうかについても確認させてください。

答)

閣議の前後で、そういう話題は一切ございません。

それから、条件が整いつつある中で、私は、やはりアメリカの経済、日米の株価の動向等をぎりぎりまで見極めて、日銀が持っている最高の知見と経験で、自らの責任で御判断いただきたいということを申し上げました。したがいまして、どういう議論がなされるかというのは、刮目して見ております。

問)

日銀の政策決定会合とは離れて、また最近原油高が見られたり、あるいは米国の株式市場がちょっとまた軟調になり始めましたけれども、これについてはいかがでしょうか。

答)

原油価格は、いわば投機的な動きが以前はあって、一時的に高騰したわけですけれども、今はやはり新興国の経済発展等々による実需に裏打ちされた原油高騰だと私は思っております。70ドルを超えたところで高値安定のように見えるわけですけれども、日本は省エネに努めてまいりましたから、直接深刻な打撃はまだ受けておりませんけれども、米国や、今発展をしようとしている国々にも、やはりいずれこの原油高というのは、深刻な影響として出てくると私は思っております。

アメリカの経済状況が、アメリカの株価に反映されているわけですけれども、やはりその他に世界情勢等々も、米国の株価には一定範囲では影響があるのだろうというふうに判断しております。

問)

日銀がゼロ金利政策を行ったことが、日本経済にとってどういう意義や効果があったのかという点と、あるいはこれが解除されるとしたら、このゼロ金利政策の解除というのは日本経済にとってどういう意味を持つのかについてお考えをお伺いしたいのですが。

答)

一言で俗な言い方をすれば、ゼロ金利によって金融機関が大いに助かったということだと思います。

それから、ゼロ金利というのは、世界の中央銀行の政策としては極めて例外的な政策であって、人によってはこれを異常な金融政策と呼ぶ方もおりますけれども、条件が整えば、そういう例外的な金融政策からは離脱をしなければならないと。その時期がいつかは、判断の問題ですけれども、このゼロ金利が例外的な政策であって、離脱をすることが方向としては正しいということについては、私は確信をしております。

問)

重ねてゼロ金利解除に関連してお伺いしたいのですが、経済の先行きの最大のリスクである原油価格がWTIベースで過去最高値を更新し、なおかつ今日の日経平均株価が200円以上大幅に下げて、たしか10時現在で1万4,900円台まで大幅に下がって市場が始まっています。仮に、日銀がゼロ金利を解除することを決めていたとしても、こういう株価や原油価格の動向を見ると、ゼロ金利解除を見送るという慎重な判断もあるべきだとお考えでしょうか。

答)

それは、日銀の政策決定会合に出ておられる方が、今御質問の点を含めてきちんと判断した上で物事を決められる。その議事録はいずれ皆様方の目にも触れるわけで、フェアで客観性のある議論が決定会合でなされて物事が決まっていくことに、私は信頼を置きたいと思っています。

問)

大臣は以前靖国問題について会見で発言されたことがありますけれども、最近発売された月刊誌の中で、大臣が千鳥ヶ淵墓苑の拡張について言及されているところがありましたが、その点について、改めて真意をお伺いしたいのですけれども。

答)

戦没者に、国、国民も最大の敬意と尊敬と、そして弔意を持たなければならないことは、当たり前のことだろう、またそうでなければならないと思っております。やはり戦没者と国との関係は、8月15日に武道館で行われている慰霊祭で完結しているのだろうと思います。これは、天皇陛下を始め皇族の方々に御列席をいただきますし、また三権の長も出席をされますので、この慰霊祭につけ加えるものは国としてはないと思っております。

ただ、武道館というのは、そのために造られた施設ではなく、また幅広く利用されている面もありますので、できれば戦没者慰霊祭のために国が1つ施設を持ってもいいのではないかと、そういう考え方に基づいております。

問)

大臣は、プロ野球の巨人ファンと存じ上げているのですけれども、巨人が極めて調子が悪くて、昨日、渡辺会長と原監督の緊急会談なども行われたのですけれども、大臣として、今の巨人に対してどういうふうに対応していけばいいのか、御所見をお願いしたいのですが。

答)

他のチームですと、名前も知らなかった選手が、投手としても、また打者としてもどんどん出てくる。どうも巨人というのはそういう人が出てこない。やはり野球というゲームは体力だけではだめで、頭も相当使わなければならないスポーツなのではないかなと思っておりまして、この点は、先般、渡辺恒雄さんに申し上げたところでございます。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る