与謝野内閣府特命担当大臣(金融・経済財政政策) 記者会見要旨

(平成18年9月26日(火) 9時25分~9時32分 於 金融庁会見室)

1.発言要旨

ただいま、小泉内閣としての最後の閣議、すなわち内閣総辞職を決める閣議がございました。

小泉さんから最後に、「皆様方、どうも長い間御苦労様でした」というねぎらいの言葉がございました。

以上でございます。

2.質疑応答

問)

11カ月間、御苦労さまでした。

この間、大臣として取り組まれたことで、これはできたということと、やり残したことがあれば教えてください。

答)

金融庁の方の仕事から申し上げますと、法律としては金融商品取引法の成立は、時代を画することであったと思います。また、金融庁の仕事の中で行政処分が淡々と事実と法に基づいて、また一定の基準に従って行われたということで、もともと恣意的な行政を金融庁はやっていたわけではありませんが、私の在任中も事実と法に基づいた極めて冷静な金融行政が行われたと思っております。

また、この間はっきりいたしましたのは、それぞれの金融機関が一定水準以上の健全性を取り戻したということで、是非次の時代に向かって、それぞれの金融機関が金融仲介としてリスクを取るという本来の銀行業務に進んでいただきたいと思っております。

また、私が直接、指揮や監督はしていないわけですけれども、金融庁には組織図の中に証券取引等監視委員会がございますが、この委員会もそれぞれの職務に基づいて、きちんとした仕事をしてくださったと感謝をしております。

また、内閣府の方は3つ大きなことがございまして、1つは政府系金融機関の落ち着きどころを見つけなければならないわけでしたけれども、これも最後には安倍官房長官の下で有識者懇談会を作り、特にJBICの今後について相当深い検討がなされ、全体として政府系金融機関の改革が一歩も二歩も前進したということです。

第2は、やはり大変困難を伴いましたけれども、7月7日に小泉内閣としての「骨太方針」を決定することができました。この「骨太方針」の特徴は、やはり今後10年間にわたる経済財政の基本的な指針を決めたということでございまして、次の内閣もまた閣議決定され、与党からもご承認いただいたこの「骨太方針」に沿って経済財政を運営していくことになると。これは、先般も申し上げましたけれども、小泉総理からの将来の内閣に対する、大事な書き置きであると私は認識しております。

それからもう1つは、これは財務大臣といわば共管の業務でございますが、金融政策はもともと日銀が新日銀法の下で独立性を持って決定することになっておりますが、政府はこれに対して意見を申し述べるということができる。また、議決延期を申し出ることができるという仕組みになっているわけですけれども、小泉内閣の下では、日銀の独立性が最大限に尊重され、その中で量的緩和解除やゼロ金利からの離脱と、大きな政策の転換点を波風立てることなく達成できたと思っております。

また、報道機関の皆様方には大変親切にしていただいたことを、この場をお借りして皆様方に心より御礼を申し上げたいと思います。

お世話になりました。ありがとうございます。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る