山本内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要

(平成18年10月20日(金)9時29分~9時34分 場所:金融庁会見室)

【大臣より発言】

ただいま閣議が終わりまして、閣議の中で閣僚懇談会に移った後、少子化担当大臣から、いじめによる子供の自殺についての発言がございました。それを受けて、文科大臣から児童・生徒のいじめ、自殺についてのお話がございました。そして、予定されていない大臣、特に私から学校で自殺が起こるといじめの問題として文科大臣の所管になり、多重債務者がそれを苦にして自殺すると貸金業者の対応の問題になる。その他、自殺の近因によってそれぞれ対処療法を考えるというアプローチの仕方もあるけれども、東欧諸国の中には自殺率が高いところが、鉛の水道管を塩化ビニールの水道管に換えたら自殺率が減った。それは上水道、あるいは大気、水等の環境の問題として捉えることもできる。そう考えれば、生態的な脳のメカニズムや、身体のメカニズムからのアプローチが最も先に来るべき話なのかもしれない。総合的にそういった問題に対して、ウエイトや順番を研究して考えていくべきだという発言をさせていただきました。

そして、溝手国家公安委員長からは、自殺についての警察の取扱い、統計の数値の出し方について一定の基準を設けているというようにご発表になりまして、警察はあくまで自殺についての認定、統計作業であって警察としてはその対応、原因究明等については他に委ねたいというお話もございました。

以上が今日の閣僚閣議、閣僚懇の中身でございました。

【質疑応答】

問)

昨日足利銀行の受皿に関するワーキンググループが改めて開かれましたけれども、受皿機関に求められる3つの条件を以前から金融庁は提示している訳ですけれども、もう少し踏み込んで具体的にこういう受皿機関が望ましいのではないかというイメージをお持ちであれば教えて下さい。

答)

結論から言うと、そうしたイメージはないと言わなければなりませんし、例えそれが私の頭の中にありましても、あくまで白紙で臨んでいくという姿がむしろこの問題、受皿銀行は公募という形で、しかも公平、公正に判断をするということの意味からして、特にこれはマーケット、すなわち後に利益の問題に絡んでくる話でありますから、より慎重に私としては予断なく考えていくということが最も大切なことだろうと思っております。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る