山本内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要

(平成18年10月24日(火)9時16分~9時20分 場所:院内)

【大臣より発言】

閣議がございまして、麻生大臣から日米韓においてこの10月19日から20日までソウルを舞台に外相会談等をされた模様の発言がございました。今後さらに連携強化をするという決意が述べられました。

総理から新潟県中越地震関連につきまして、1日も早く元のコミュニティの復活・再生、これに全力を挙げるし、また関係閣僚は一致協力の上これに当たるようご指示がありました。

【質疑応答】

問)

消費者金融の問題ですけれども、また新たに外資系のレイクについて処分がありましたけれども、消費者金融の処分はまだ続くというか、今後もまだ予想されるのでしょうか。

答)

ルールに違反する行為があればしっかりとした指導をしていくという態度に変わりはありませんが、これから社会の耳目を集める部門でありますので、貸し方の皆さんは、緊張して業務運営に当たって欲しいと思っております。

問)

ベルルの問題なのですが、改めての認識と、金融庁として立入検査を行う考えがあるのかないのか、という話についてお聞かせ下さい。

答)

業務改善命令等を発したわけでありますが、これは、警察当局との連携がなにより大事な場面ではないかと思っております。企業のガバナンス等々というよりも、そもそも当初からの無認可共済における制度的な無理があるということ自体に犯罪性が認められる可能性もありますので、ここは慎重に対処していきたいと思っておりますので、立入検査等これも警察等と相談の上やっていくべきであろうと考えております。

問)

貸金業法の問題なのですが、金融庁の案はどれくらいを目処に、どういう形で出していきたいとお考えでしょうか。

答)

現在の考え方は、以前にございました基本的な与党の合意、これを以って法案作業にかかっておりますので、これを基本としていることには依然変わりありません。今後、与党の皆さんの細部の詰め等が行われるやに聞いておりますので、それを受けてまた考えていきたいと思っております。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る