英語版はこちら新しいウィンドウで開きます

山本内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要

(平成19年3月6日(火) 8時47分~8時53分 場所:院内)

【大臣より発言】

閣議のご報告をします。総合研究開発機構法を廃止する法律案について、閣議決定の運びとなったということを総理からご発言がありまして、それを受けまして大田大臣が法律案の対応につき、しっかりやりたいというご発言がございました。以上でございます。

【質疑応答】

問)

本日の一部報道で、米最大手の銀行であるシティグループが、日興コーディアルグループに対してTOBをかけた上で子会社化するとの報道が出ていますが、金融庁として事実関係をどのように把握されていらっしゃるのかということを伺いたいのと、仮に事実とした場合、日本の三大証券が米最大手の銀行の傘下になるということですが、それが日本の証券市場に与える影響をどのように見ていらっしゃいますか。

答)

報道は承知しておりますが、何ら決定、発表された事実はございません。民間金融機関同士の経営判断に属する事柄でございまして、金融庁としてのコメントは、現段階では差し控えさせていただきたいと思っております。

次に三大証券の一つが、いわゆる外資の傘下に入る、或いは経営の主導権を握られるということでありますが、かつてサッチャーが言われましたように、「英国企業を守るのではなくて、英国市場を守りたい」という観点に、私は立っておりますので、これをきっかけに証券業界の新たな動き、そしてむしろ活性化する市場へと転換することを望んでおります。

問)

日興コーディアルグループの上場廃止の是非について、東証は今月中旬にも判断するとの方針を出しておりますが、東証の判断に当たって、大臣はどのような点に留意して、どういった点を重視した上で決定して欲しいとお考えですか。

答)

そのような報道がなされたことは承知しておりますが、以前から申し上げております通り、証券取引所において判断されるべき事項でございまして、コメントは差し控えさせていただきたいと思っております。上場廃止になる、ならないについてのご判断を正確に東証にお願いし、かつまた、その説明責任をしっかり全うしていただければ、これ以上のことはないと思っております。

問)

世界的な株安の動きが止まらないのですが、政府としては、株価が落ちているのは、どういう理由だと認識されていますか。

答)

これは、様々な要因があります。特に、市場関係者の見方を借りて申し上げますが、中国株の急落をきっかけとしたリスクマネーの収縮、或いはアメリカの景気減速への警戒感、さらには円キャリー取引の急速な巻き戻しへの警戒感、そして円高の動きというようなこともあるだろうとは思います。しかし、わが国経済の動向を見ますと、企業部門の好調さが持続するという点、さらにファンダメンタルズがしっかりしているという点、世界経済も引き続き堅調に拡大している点、それからすると、あくまで一時的な調整局面であるとの認識は変わりません。

問)

株安について、日銀の利上げの影響についてはどうお考えですか。

答)

市場としては折り込み済みであったと、私はメッセージ的には思っておりまして、この株安についての直接の要因は少ないと思います。しかし、敢えて市場関係者の見方には、円高へのきっかけになったと言うような人もおりまして、要因として皆無とまでは言えないのかなと思っております。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る