英語版はこちら新しいウィンドウで開きます

山本内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要

(平成19年6月5日(火) 8時50分~8時55分 場所:院内)

【大臣より発言】

おはようございます。閣議ですが、「平成18年度首都圏整備に関する年次報告」について、国土交通大臣からご発言がありました。本四連絡高速道路会社の人事についてもご発言がございました。環境大臣から平成19年版環境循環型社会白書についてご発言がございました。外務大臣からASEM第8回外相会合、G8外相会合出席、欧州訪問及び日中韓外相会議についてご発言がございました。久間防衛大臣からアジア安全保障会議の参加についてご報告がございました。閣僚懇で少子化・男女共同参画大臣より国民生活審議会意見「国民生活の安心・安全の確保」についてご発言がございました。以上でございます。

【質疑応答】

問)

地銀の決算が出て、過去の体力の格差の広がりが明らかになるような結果となりましたが、これについてどういったご所見を持たれておられるでしょうか。

答)

上場地銀の15%が減益となっておりますし、不良債権比率も4%台で高止まりといったような報道もございます。そういった点、いわゆる状況のばらつきがございます。今後、こうした傾向が続くかどうか注目しながらやっていきたいと思いますが、全体として見れば、不良債権の比率も低減しておりますし、好調ではないかというように思いますので、今後、こうした経営的な懸念のあるところにおきましては、健全な経営について、しっかりとしたご判断を頂きながら、地域事業会社とともに発展するように期待しております。

問)

先週、新銀行東京で大幅な赤字決算の発表があったのですけれども、新規参入銀行の中でも、セブン銀行などの好調な銀行との格差が開いてきているとの印象があるのですが、そこのところのお受け止めは如何でしょうか。

答)

競争が激化しているということは否めない事実でありますし、新しい銀行として新規参入する時における出遅れ感というものについても、事実あるのだろうという様に思います。そんなことからしますと、なお経営陣としては、さらにマーケットの特質や自らの得意技、商品開発等々を通じて、しっかりした経営をやっていただきたいと思います。監督・検査においては、今までと変わらずしっかりとしたものをやっていくつもりでございますから、これも大事に考えていきながらやっていただきたいと思います。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る