渡辺内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要

(平成20年3月7日(金)8時46分~8時52分 場所:国会内)

【大臣より発言】

おはようございます。私の方からはございません。どうぞ。

【質疑応答】

問)

今日、日銀人事が提案ということだと思うのですけれども、名前が取り沙汰されている武藤さん(日銀副総裁)に対して、野党が反発を強めているといわれています。任命までに時間、空白を含めて混乱が続くようですと、例えばマーケットとかいろいろ影響があると思うのですが、その辺の想定される影響について、大臣はどのようにお考えでしょうか。

答)

空席ができるということは、決して良いことではないと思います。どなたが出てくるのか私はまったく存じ上げませんけれども、今回の手続きの中で、候補となった方のヒアリングを国会でやるプロセスがあると聞いております。これは大変結構なことだと思うのです。誰がやるかということも大事ですが、何をやるか、どういうスタンスで金融政策を執り行うのか、国会の席でいろいろな疑問に答える、ご自分のスタンスを述べる、現状認識、これからの方向性といったことについてヒアリングの場で質疑応答をやるというのは、大変結構なことだと思います。そういう手続きを決めたわけですから、正々堂々とやったらよろしいのではないでしょうか。

問)

新銀行東京のことで、86億円の融資の焦げ付きということが明るみに出ていますが、改めて、今後の対応や、当時の対応など振り返って、どのようにお考えでしょうか。

答)

不良債権比率が10%くらいあるという話は聞いております。自己資本比率がどれくらいになっているかというと、これは17%くらいになっていると聞いておりまして、その点では、主要株主である東京都、そして東京都議会がいま議論をしているわけでありますから、そちらの議論を待ちたいと思っております。

問)

日銀の総裁候補ですけれども、今後、ヒアリングをするということですが、大臣としては質問するとすればどんなことをお聞きしたいと思っておりますでしょうか。

答)

私は質問する立場ではありませんので、これは国会の議論でしょうけれども、まず、やはり世界の金融・資本市場が動揺をきたして久しいわけです。これが収まる兆しが残念ながらまだ見えていない。そういう時に、日本経済もダウンサイドリスクが大変高まってきているわけでありますから、マクロ政策の一翼を担う日本銀行として、そういう現状の認識、それから金融政策の方向性、これを聞いてみるのは大変貴重なことだと思います。私に質問の機会でも与えられれば、いろいろと聞きたいことはたくさんございます。

問)

福井総裁の最後の金融政策決定会合が今日行われますが、この福井総裁の5年間についてどのようにご覧になっているでしょうか。

答)

この5年間、日本経済がデフレから脱却できずにもがいてきた中で、大変世界的にも珍しい状況にあったと思います。冷戦崩壊後、日本がいち早くバブル崩壊、不良債権、デフレの中にはまってしまった。今、もしかしたらアメリカ、ヨーロッパが似たような軌跡をたどるかもしれないという中で、日本銀行の金融政策というのはおそらく、成功、失敗両面から歴史的な評価にこれからさらされていくのであろうと思います。

私の印象では、最も効いたと思われる金融政策は、2003年ごろだったでしょうか。大量の為替介入をいたしました。ギネスブックに残るような介入をした時に、それまで日本銀行でしたら、不胎化をしたはずなのです。ところが、あの時には非不胎化、つまり、介入に使った円資金を回収せずに、そのまま放置をしておいた。おそらく30兆円を超える介入のうち半分以上は非不胎化されたのではないかと記憶しております。これは、日銀当座預金の増加というところにその結果が現れるわけでありますが、こういう政策は実は金融政策としていちばん効いたのだと思います。かなりヘテロドックス(異端)な手法だったかもしれませんけれども、デフレにはまった日本のマクロ政策としては、非常に効果があったという印象を持っております。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る