英語版はこちら新しいウィンドウで開きます

渡辺内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要

(平成20年4月11日(金)9時33分~9時42分 場所:金融庁会見室)

【大臣より発言】

おはようございます。どうぞ。

【質疑応答】

問)

G7(七か国財務大臣・中央銀行総裁会議)がワシントンで開かれますけれども、2月の東京会合以降、ベアー・スターンズの破綻などで、今回のG7の金融安定化に向けた取組みをどうするか、というのが焦点になると思います。大臣は従前から支払い能力の問題を指摘されていると思いますけれど、今回のG7でどのような議論を期待するかをお聞かせ下さい。

答)

やはり、グローバルな取組みが浸透することが大事です。それぞれの国々がばらばらで対応していたのではうまくいきません。FSF(金融安定化フォーラム)の報告書も同時に発表されるようでありますから、このような取組みが芯を食って動いていくことを期待しております。あまり姑息な後向きのことをやるよりも、前向きに取り組んでいくことが大事かと思います。日本の教訓というのは貴重なものであります。これは証券化手法とホールドモデル(銀行が与信をそのままバランスシートに持っておくビジネスモデル)との違いということはありますけれども、結局は銀行システムが資本のダメージを受けるというところに行き着くのは共通でありますから、日本の教訓は是非PRをしていくべきだと思います。

問)

日本銀行の総裁人事は今週決着しましたが、今回のような混乱を避けるという意味で、日本銀行の国会同意については衆議院に優越を与えたらどうかというような議論もあると思いますけれども、その点について大臣はどのようにお考えでしょうか。

答)

これは国会の同意の話ですから、私がコメントはいたしません。同意が求められるものというのは、どういう範囲で必要なのか、これは慣行に委ねられています。そういう慣行の世界で仕切られていて、これが同意が必要、これは同意は必要でない、という明確な法令上の根拠はおそらくないと思います。国会同意というのは政府の選出する人事に対して国会がチェックを果たすという機能だと思いますが、そうしますと罷免をするときにも同意が必要ということが出てきます。日本銀行の場合には、罷免という規定が全くございませんので、これはなおさら身分保障といいますか、独立性が担保されているということになるわけです。したがって、一旦決めてしまいますと、5年間動かないという判断になるわけでございますから、このあたりは今後の課題であろうかと思います。

問)

今日、外為審議会(関税・外国為替等審議会)がありますけれども、対日投資の面から金融庁としての大臣の所見をいただけますでしょうか。

答)

昨日も国会で申し上げたかと思いますが、経済産業大臣と財務大臣でお決めになることです。私は蚊帳の外にあるわけです。

昨日も申し上げたことですが、一般的に対内投資のルールに関して言えば、業務・事業の公共性の程度に応じた公的規制という要請が一方であります。それに対して我が国金融・資本市場の競争力強化、活性化という、政府として大変大きな優先課題の推進にいま当たっているわけであります。この二つの整合性を確保することが重要なことです。内外の市場関係者に日本が閉鎖的であるという印象を与えることは非常に良くないことであります。経済産業省、財務省にはそれぞれ、明確で分かりやすい説明が求められると考えます。

問)

もう一点なのですが、審議会という場で審議されるわけですが、もう少しオープンな場、大きな場で議論しても良いのではないかという声もありますが、それについてはどのようなお考えをお持ちでしょうか。

答)

OECD(経済協力開発機構)ルールに則ってこうした規制がかかっているのだろうと思います。ですから、今日でしょうか、外為審議会で審議されると思いますが、政策決定の責任を有する経済産業省、財務省が説明責任を果たすことが求められると思います。マーケットの納得のいく説明をしていただきたいと思います。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る