英語版はこちら新しいウィンドウで開きます

渡辺内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要

(平成20年4月22日(火)9時24分~9時28分 場所:国会内)

【大臣より発言】

おはようございます。

本日の閣議後閣僚懇談会において、総理から「政策の棚卸し」についてのご発言がございました。ムダ・ゼロの政府を目指すために「『政策の棚卸し』を行い、昔から整理されず引き続いて行われているような政策は、思い切って見直し、概算要求時までに徹底的な見直しを行って、確実に来年度の予算要求に反映していただきたい。これらに取り組むに当たっては、例えば、柔軟かつ斬新な発想を持つ若手幹部職員を中心に改善プロジェクトチームを発足させるなど、各府省の自己改善力を十全に発揮させ、国民の信頼を勝ち得る成果を上げて頂きたい。」というご発言でございました。

政府における無駄の徹底的な排除に向けた集中点検、ムダ・ゼロへの取組みということで、公益法人の集中点検、これは行政と密接な関係にある公益法人の集中点検でございます。また、私どもの関係でいきますと、独法(独立行政法人)の保有する資産を売却し財政に役立てるということでございます。独法通則法の改正案を今、与党内協議にかけておりまして、今週金曜日の閣議決定をお願いしているところでございます。

私の方からは以上です。

【質疑応答】

問)

野村證券の社員がインサイダー取引を行っていた疑いがあるとして(証券取引等)監視委員会が強制調査、と大きく報道されていますが、まずこの点について大臣はどのように把握されていますか。

答)

個別の問題についてまだ報告を受けておりませんのでコメントは控えます。一般論として、大手証券会社の社員が自分の得た情報を利用してインサイダー取引を行うなどということは言語道断であります。厳しく対処していかなければいけないと考えます。

問)

先般の公認会計士に続いてこのようなケースのインサイダー取引が問題になっているのですが、その点改めていかがでしょうか。

答)

一般論でありますが、インサイダー情報に接することができる者がそれを利用し、なおかつ、証券会社あるいは監査法人という、マーケットまわりの非常に重要なところにいる人たちが原始的な犯罪を犯すというのは言語道断であります。厳正に対処いたします。

問)

会社の管理責任も問われるかと思うのですが、その点についてはどうでしょうか。

答)

一般論でありますが、こうした犯罪に対しては厳正に対処いたします。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る