麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要

(平成29年3月21日(火)8時53分~8時56分)

【質疑応答】

問)

日米経済対話の関係でお伺いします。先週、USTR次期代表に指名されたライトハイザー氏が日本の農業分野への市場拡大を求めたほか、ロス商務長官やペリーエネルギー庁長官が東芝問題への懸念を伝えました。また、閉幕したG20では自由貿易体制のあり方が注目を集めましたけれども、大臣はこうした米国政府や要人の最近の発言や方針が、4月に控える日米経済対話の議論に与える影響について、どのようにお考えか、お考えをお聞かせください。

答)

色々な方々が色々な話をしておられることについては知っていますけれども、それについて逐一コメントすることはいたしません。その上で申し上げれば、先般の日米首脳会談において、両国で「自由で公正な貿易のルール」に基づいて、日米両国間及び地域において経済関係を強化することに、引き続き完全にコミットされていることを確認されておりますし、今般のG20においても、議論の結果、「我々の経済に対する貿易の貢献の強化に取り組んでいる」との点で一致をしておりますので、自由貿易の重要性ということに関しては、G20の間で共有されたと考えております。

今般の「日米経済対話」も、こうした考え方に沿って、両国がウィン・ウィンの関係になれるように、一層努めていくということなのだと思います。「経済対話」の具体的な内容や構成については、現在、調整を進めているところですので、両方が利益となるように個別的分野での協力を積極的に推進していくことを通じて、日米間の貿易・投資関係を深めていくということと同時に、アジア太平洋地域においても、自由かつルールに基づいた公正なマーケットを日米両国のリーダーシップの下で作り上げていくこと、が重要なんだと考えておりますので、建設的な議論をこれから進めていければいいのではないかと考えています。

 (以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
国際協力
その他

ページの先頭に戻る