麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要

(平成29年5月9日(火)8時48分~8時54分)

【質疑応答】

問)

今週開かれるイタリアでのG7についてお伺いいたします。前回のワシントンでのG20から1カ月足らずでの開催となりますけれども、G20ではなくてG7ならではのどのような議論を期待されるか、また日本としてどのようなメッセージを出していくお考えか、聞かせてください。

答)

イタリアのバーリというアドリア海に面した南の方のところ、場所はそういうところですけれども、G7というのはG20と違って価値観を共有した先進諸国が主たるメンバーですから、率直な議論ができると考えています。テロ資金の対策、国際課税、格差の話、成長の話等、いろいろ出てくるのだとは思います。日本としては経済成長が持続可能かつ今言われたような問題を含めて包摂的に、インクールシブと言うのですけれども、どのように対応していくかというところが大きな問題ということになるのだと思います。日本としてはこれらの問題に関してほかの国に比べて結構対応はうまくやってきている方だと思っていますから、そういった意味に関しては日本の経済政策に関して説明を行っていくことになるのだろうと思っています。

問)

フランスの大統領選挙でマクロン候補が勝ちまして、市場では安心感も広がっています。ただ、今後も欧州では秋頃まで重要選挙があるほか、大臣、先週訪問されていたロサンゼルスで北朝鮮情勢が円相場に与える影響について懸念を示されました。こうした市場における不確実性が続きそうですけれども、今後の国際情勢が市場に与える影響についてどうご覧になっているでしょうか。

答)

1,000万票ぐらい差がついていたと思います。次期大統領が約2,000万票だと思いますが、相手が約1,000万票というのは倍差がついているということなので、この業界で大統領選挙の決選投票で倍差がつくというのはかなりの差がついたというようなことだと思います。よくわかりません、どういう反応が今からフランスの中で出てくるのかに関しては。今年後半、ドイツ等いろいろ選挙がありますけれども、そういったところでどういった影響が出てくるか、ヨーロッパはよくわかりません、まだ見てみない限りは。ただ、それまでの間、経済がアメリカのイエレン、FRBの人が言うような感じで、金利の引き上げをどのようなタイミングでどれくらいずつ、何ベーシスずつやるのか、まだ見えてきませんから、今の段階で言えることはあまりないと思いますけれども、十分に注意深く見ておかないとよくわからないというところです。今のヨーロッパを見れば何となくそんな感じがします。ヨーロッパでも北朝鮮の話に関して興味を示すところまで関心が持ち上がってきているのはこのところ、あなたが昔言っていた意味がやっとわかったみたいなことを言っていましたから、イランの話よりこっちの話の方がよほど、先に話が進んでいるという話を前からしていたのですけれども、何となくそんな感じになってきたぐらいのところです。ほかにも問題が出てくるので、そういった意味でも不安定から来る経済への下振れリスクというのは常に頭に入れておかなければならないでしょうね。

 (以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る