英語版はこちら新しいウィンドウで開きます

麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣臨時閣議後記者会見の概要

(平成29年6月9日(金)18時00分~18時03分)

【質疑応答】

問)

骨太の方針の閣議決定ということで、幼児教育の無償化ということで、財源を確保するということを年内に結論を得るところだと思うのですけれども、いずれにしても負担を求めていくということになると思うのですが、どういうふうに今後年末に向かって議論していくのか、お考えをお聞かせください。

答)

教育は将来への投資として非常に重要であるというのははっきりしています。その中で保険だ、国債だ、いろいろ出ていましたけれども、少なくとも幼児教育の無償化というのを進めていかなければいけないことになっていますので、更に奨学金制度を充実させたり、今回も幾つか取り組んできましたけれども、まだまだ足りないところはいっぱいあります。今後は決まりましたのでどういうやり方をするか、これは、これからやっていくという話であって、今の段階で結論が出ているわけではありません。

問)

改めて増税の文言が消えていることに関して見解をお伺いします。

答)

特にありません。それがなくなったから消費税の引き上げがなくなるのではないかとおっしゃっているのですか。

問)

商工中金の業務改善計画が今日提出されましたが、安達社長は引責辞任については記者団に対して否定をしているところです。内容に対して御所見と今後の検査の対応について教えてください。

答)

5月9日付けで業務の改善命令が出ていますので、商工中金からそれに基づいていろいろ作業の工程等の提出があったというのは知っています。実施中の立入検査等、そういったものをした上で、商工中金に対して更なる対応を求めていかなければいけないのだと思っています。商工中金のシェアを拡大したいためとか、いろいろな話が出ていましたけれども、この特別な融資の枠というものを、本来の趣旨を取り間違えられて、ことはスタートしているのですから、ここが一番問題なのです、私に言わせれば。だから、そこのところをどう理解し、その話をどう忖度したのか知りませんけれども、その後は明らかにピントがずれていたことははっきりしているので、そういったところの意識がおりないというシステムでそうなっているのか、個人的にそうなっているのかよくわかりませんね、今のところの話では。だから、経産省としてきちんとやられるのでしょうけど、共管しているこちらとしても、そこのところについてどういうふうにやっていかれるかというのは、見ていかなければいけないところがあると思います。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る