麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要

(平成29年6月16日(金)10時03分~10時06分)

【質疑応答】

記者)

AIIBなのですけれども、今日韓国で総会が開かれるということでお聞きしたいのですけれども、参加国も増えて、G7ではアメリカと日本以外は参加していますし、アジアでもインフラ需要というのが高まっていますので、参加するメリットも少しはあるように思うのですけれども、大臣のお考えはいかがでしょうか。

大臣)

今日から韓国でAIIBの総会が開かれるというのは知っていますし、アジアにおいてはインフラストラクチャーに対する膨大な需要があるということもはっきりしているので、それに対して金が必要というのもはっきりしているのですが、このことに関しては、そういった役割を果たされる機関としてAIIBが頑張るということでやられればいいのだと思います。日本の話になりますけれども、私が言っていることは、これまでと同じことです。このAIIBという組織ですが、例えばADBは、日本が確か50年前スタートさせましたけれども、本部はどこにありますか。

記者)

フィリピンです。

大臣)

AIIBはどこにありますか。

記者)

北京です。

大臣)

世界中の理事たちはそこにいますか。

記者)

それぞれの国にいて、メールでやりとりしています。

大臣)

ということは、ガバナンスはできないということでしょう、基本的には。ガバナンスだけちゃんとはっきりしてくださいということ。それから金を貸すということは、金を返してもらうということだから、返してもらうにはちゃんと当てがないと。みんなで計算をして、世界銀行にしてもアジア開発銀行にしてもみんなお金を貸すときにはその国の返済能力、返済計画等を考えてお金を貸すと。もし返ってこなかった場合どうするかというのをちゃんと計算してみんなやっているので、あなたの能力からいってこれぐらいではないですかというときに、いきなり別の金が入ってくる。借りている方は、楽だからいいかもしれないけれども、返すときになったら、そっちは返せませんと言ったら、こっちが貸してある国が全部返してくれる予定で返ってきて、あとの残ったお金でAIIBの方をやってねといけばいいですが、全部で均等割と言ったら、こっちはどうするのでしょうか。割を食うのは誰ですか。後から貸し込んできた方のおかげで、最初からまともに貸していた方が割を食ったら意味がないじゃないかということにならないようなことをしてもらいたいと。融資能力、審査能力が、AIIBはあるのですかというところが全然、まだ立証ができていないから、アメリカも日本も自分達の債権は保全しなければいけないということだと思いますけれども。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る