英語版はこちら新しいウィンドウで開きます

麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要

(平成29年7月14日(金)10時57分~10時59分)

【質疑応答】

問)

先程、会合で日欧EPAの国内対策の基本方針が固まったと思うのですけれども、これは予算がついてくると思うのですが、補正予算の編成の時期はいつ頃になりそうかということと、規模感についてどのくらいですかということについて。

答)

まだ日が高いですね、そんなところまでいっていません。先程の話で強い農林水産業をつくるという意味で、弱いものに対して補助金でカバーするというのではなくて、今の話で言えばチーズとか木材の話とか十分に製造工程、また流通過程というものを検査、精査すれば、いくらでもコストが下がり得る部分は多い。したがって、そういう意味での予算等をつけるのであって、いわゆる国内産業の付加価値化ということが大事なのです。チーズの話だって、日本のチーズの方が塩分が少なくて高血圧には断然いい、フランス人なら誰でも知っています。だから競争に負けるというような話を前提にしてコストを補填するというような後ろ向きの政策をやるのではなくて、きちんとした前向きの輸出促進というのは、勝てるものにつくり上げる、前向きな予算をつくるということで、我々は規模より中身の話だと思っています。いつになるかというのは、もうちょっと後です。

問)

金融庁が2013年に出した課徴金納付命令について、取り消しを求めていた訴訟がありまして、これまで一審、二審と課徴金命令の取り消しを認める判決が出ていました。昨日が国側の最高裁の上告の期限だったのですけれども、上告がなされず国の敗訴が確定しました。

答)

上訴することはしません。今回の判決を受け止めた上で、我々としては、課徴金の制度そのものに対して、適切な運用というものに今後努めていかなければいけないと思っています。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る