麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要

(平成29年9月5日(火)10時15分~10時18分)

【質疑応答】

問)

一昨日、北朝鮮が6度目の核実験を実施しました。国連安保理で北朝鮮に対してより厳しい制裁を科す新たな決議案の採決を目指す動きも出てきていますが、中国やロシアは慎重な姿勢を示しています。こうした中で北朝鮮に対しての制裁強化について大臣のお考えをお聞かせください。

答)

これまで計5回核実験が行われ、また大陸間弾道弾というようなレベルの近距離から長距離のミサイルの開発に全力を挙げてきているという状況というのは、明らかに国際世論の意向とは全く違う方向に走っているというのは事実であります。これに対して我々は隣の国ということもこれあり、いろいろな意味からこういうのは断固容認できないということだけははっきりしているのだと思いますので、さらなる制裁が必要であるということであって、話し合いでは全く通じなかった、呼びかけには応じてこなかったというのが歴史ですから、これまでの経緯ですから、それならしかるべき対応をするとしてさらなる経済圧力なりいろいろな形での圧力というものを高める必要がある。いわゆる対話と圧力というのであれば、今は圧力というものを高めない限りはこの話が進展をするという可能性はゼロということだと思います。

問)

日本郵政株の2次売却の観測も出ていますけれども、どう御覧になりますか、環境を含めて。

答)

これについては、まだ未定なので何とも言えないのですけれども、引き続きこの状況を見ていかなければいけないとは思っています。 

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る