平成12年8月28日

金融庁長官談話

-大正生命保険株式会社について-

  • 1.  本日午後、当庁は、大正生命保険株式会社(以下「大正生命」という。)に対し、財務の状況が極めて厳しい中、資産運用に係る業務の運営が著しく不適切であり、その保険業の継続が保険契約者等の保護に欠ける事態を招くおそれがあると認められることから、保険業法第241条第1項に基づき、業務の一部停止を命じた。また、大正生命の業務及び財産を適正に運営・管理するため、速やかに、保険管理人を選任し、保険管理人による業務及び財産の管理を命ずることとしている。

  • 2.  上記の措置により、今後、大正生命においては、新規の契約に関する業務、解約に関する業務、配当の支払いに関する業務等は停止されるが、保険金の支払い、保険料の受領等の保全業務等については、原則として、引き続き行われることとなる。

    なお、大正生命の保険契約の取扱いについては、保険管理人が当社の財務の正確な状況を調査した上で策定する業務及び財産の管理に関する計画において定められることとなるが、その際には、予定利率の変更等の契約条件の変更はあり得るものの、生命保険契約者保護機構による資金援助又は保険契約の引受を通じて、責任準備金(将来における保険金等の支払いのために積み立てられているべき準備金)の90%まで補償される等の保護が図られる仕組みとなっている。また、平成13年3月末までの特例期間中に支払事由の生じた死亡保険金等については、その全額が支払われるなどの保護がなされることとなっている。

    従って、保険契約者におかれては、冷静な行動をとられることを強く希望する。

  • 3.  当庁としては、今後とも、早期是正措置の厳正な運用、立入検査、モニタリングの充実など適切な監督に努め、保険会社の業務の健全かつ適切な運営を確保し、保険契約者等の保護を図ってまいりたい。


大正生命保険株式会社の概要

  • 1.沿革

    • 大正2年4月 創業
    • 昭和23年9月 日本教育生命を合併
  • 2.本社所在地

    • 東京都千代田区有楽町1丁目9番1号
  • 3.社長

    • 細川  淳
  • 4.主要計数
    (単位:億円)

      10年3月期 11年3月期 12年3月期
    保有契約高 13,724 13,345 11,740
    総資産 2,284 2,318 2,044
    収入保険料 477 509 447
    経常利益 0.3 ▲ 45 ▲ 41
    当期利益 0.5 0.8 ▲ 70

    (注)総資産ベースで45社(第百生命を除く。)中第28位(12年3月末現在)。

    ・役員数(監査役含む) 12名(12年6月末現在)
    ・職員数 1,265名(うち内勤職員数 333名、営業職員数 921名。〃 )
    ・店舗数(営業所等) 50(12年6月末現在)
    ・契約者数 約22万人(個人保険+個人年金保険、12年3月末現在)
  • 5.ソルベンシー・マージン比率:

    • 67.7%(12年3月期)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る