平成12年10月9日

金融庁長官談話

- 千代田生命保険相互会社について -

  • 1.  千代田生命保険相互会社(以下「千代田生命」という。)は、本日、東京地裁に会社更生手続開始の申立てを行った。

  • 2.  千代田生命は、厳しい財務状況の中、財務基盤の強化のため金融機関への支援要請等種々の努力を行ってきたが、そうした取組が未だ具体的な成果をもたらさない中で、同社の経営は厳しさを増している。同社はこのような状況の中で、保険契約者等の保護を図りつつ、将来の会社更生を目指す観点から、本日の申立てを行ったものと承知している。

  • 3.  今後、裁判所の監督の下で更生計画が策定されることとなり、それまでの間は、新規の契約に関する業務、解約に関する業務等は停止されるが、保険金の支払い、保険料の受領等の業務については、原則として、引き続き行われることとなる。

  • 4.  現在契約されている保険契約の取扱いは、更生計画において定められることとなる。生命保険契約については、生命保険契約者保護機構による資金援助等のセーフティ・ネットが整備されており、更生手続においても、保険業法に基づく保険契約の移転等の場合と同じく、予定利率の変更等の契約条件の変更はありうるものの、少なくとも責任準備金(※)の90%までは確保されることとなる。また、平成13年3月末までの特例期間中に支払事由の生じた死亡保険金等については、その全額が支払われるなどの保護がなされることとなっている。

    したがって、保険契約者におかれては、冷静な行動をとられることを強く希望する。

    • (※)責任準備金:将来における保険金等の支払いのために積み立てられているべき準備金

  • 5.  当庁としては、保険業法の趣旨を踏まえつつ、更生計画の策定に協力してまいる所存であり、保険契約者等の保護に配慮した更生計画が早期に策定されることを期待している。


千代田生命保険相互会社の概要

  • 1.沿革

    明治37年4月 創業

  • 2.本社所在地

    東京都目黒区上目黒2丁目19番18号

  • 3.社長

    米山 令士

  • 4.主要計数

    (単位:億円)
      10年3月期 11年3月期 12年3月期
    保有契約高 571,883 528,098 476,156
    総資産 50,282 43,599 (注)35,019
    収入保険料 7,801 5,983 4,842
    経常利益 456 421 215
    当期剰余 159 198 31

    (注) 45社(第百生命及びカーディフ生命を除く。)中第12位。

    ・役員数(監査役含む) 11名(12年8月現在)
    ・職員数 11,188名(うち内勤職員数 1,511名、営業職員数 9,677名、12年8月末現在)
    ・店舗数(営業所等) 432(12年8月末現在)
    ・契約者数 約155万人(12年3月末現在)
  • 5.ソルベンシー・マージン比率:

    263.1%(12年3月期)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る