入門編
第 第1章 第2章 第3章 第4章 章
わたしたちの生活と金融の働き
トピックス ポイント集 用語集 リンク 教師
     
1.経済の基本なしくみ

図1 Aさんの給与明細(1か月の収入)と図2 Aさんの家計簿(1)家計の収入と消費と貯蓄(ちょちく)

 私たちはだれもがまず食べること、着ること、住むこと(衣食住/いしょくじゅう)が満たされ、それに加えてより快適な生活をするために、教養を高め、芸術やスポーツ、娯楽なども楽しんでいます。そのために必要なお金は家族が働くことによって得ています。このように労働により収入を確保し、それによって消費生活を営んでいる家庭の経済活動のことを家計(かけい)といいます。

 ある家計の収入の内訳は図1の通りです。また、その家の家計簿(図2)を見て、どのようにお金が使われているか確認してみましょう。

 大きく分けると3つに分けることができます。図1には給与からすでに差し引かれている
税金社会保険料があります。残りは手取りといわれています。この手取りの中でも生活を営むために使っているものを消費といい、このための支出を消費支出といいます。その他預金や個人で契約している生命保険などの保険料のことを貯蓄といいます。このように家計は収入から税金や社会保険料を引かれ、残りを消費と貯蓄にあてています。

ネコ

経済の循環(2)経済主体(家計、企業、政府)

 家計は消費活動を中心に行い、消費する商品はおもに企業が生産しています。家計はその代金を企業に払っています。また、家計は収入を得るために多くの場合、企業などに労働を提供しています。それに対して企業から賃金(ちんぎん)が払われます。家計企業政府(国や地方公共団体)に税金を払い、私たちは公共のサービスを政府から提供されています。

 このように
家計企業政府の間には商品やサービス、お金が流れており、このことを経済の循環とか経済の流れといいます。このように家計企業政府は経済の循環の中で、経済の主体としてそれぞれの役割を受け持っています。3つが経済の主体になるわけです。

Point
12

Financial Services Agency. The Japanese Government Copyright(c)2000 金融庁 All Rights Reserved.

戻る プリントはここから PDF
TOP