竹中金融・経済財政担当大臣記者会見要旨

(平成15年2月12日(水)8時48分~8時55分 於)院内)

1.発言要旨

おはようございます。

閣議がございました。短い閣議だったのですが、閣僚懇で鴻池大臣の方から、特区について、「第二次募集が集まってきていて、今各省庁にいろいろ検討してもらっているのだけれども、必ずしも十分な対応が出来ているとは思わない。各大臣が、各省庁に対して十分な、最大限の指導力を発揮して、特区に対する期待は高いのだから、それを実効あらしめるものにして欲しい」という話がありました。

それを受けて、総理からも「各省庁の対応が必ずしも十分ではないというふうに認識をしている。既に総理自身が仰ったことでもあるので、とにかく各大臣最大限のリーダーシップを発揮するように」というお話がありました。「特区は、正にこれは特区なのだから、失敗を恐れず、大胆にやって欲しい」ということを仰いました。

あと細田大臣から、「自分はETFを買いました」というお話がございました。

私の方から以上です。

2.質疑応答

問)

今、ETFの話が出ましたけれども、大臣はETFを購入されましたか。

答)

今、手続きをしまして、一両日中にもちゃんと購入したいと思っております。

問)

ちなみに、購入資金の内容などを明らかにされるとか、そういったお話もあるようですけれども。

答)

購入資金の内容ですか。

問)

それは特に必要ない…

答)

まあ、ものすごい金額を買うのだったらそういうことにもなるかもしれません。まだちょっと金額は決めておりません。まあ一両日中に、はい。

問)

それから、13、14日と日銀の方で政策決定会合の方が行われます。財務省の方では、今回も金融緩和の追加緩和を求める方針ですけれども、改めて今回の決定会合に際して、大臣の金融政策に関しての姿勢、考えをお聞かせください。

答)

マネーサプライの伸びがやはり最近低下してきています。これは、ベースマネーの伸びが低下するとマネーサプライの伸びが低下するという関係は明らかに存在していると思います。その意味では、引き続き内閣府もこれまでも要請してきたように、一層の努力を期待したいと思います。

問)

次に、銀行の増資に関する計画をガイドラインを設けて適格性をチェックするというお考えを示されましたけれども、その検討状況の進捗状況とですね。実際にこの3月期の決算までにそれを運用できる、適用できるような方向で発表はできる見通しでしょうか。

答)

検討状況ですけれども、今、事務方に一生懸命いろいろなことを検討してもらっている状況です。時期については、明示的に申し上げるのは今の時点では難しいんですが、基本的にはやはり確か年度内に工程表でもやることになっていましたから、それはもちろん守ります。

問)

それに関連して、税効果会計の扱いに関する問題なんですけれども、金融審の方の作業部会では、夏までに経過報告をまとめるということですけれども、ガイドラインの適用と併せて、実質的に増資の計画をチェックするとともに税効果会計の監査を厳しく見ていくという体制は整えられるとお考えですか。

答)

それは別々にきちっとやるということは、「金融再生プログラム」に書いているはずです。増資のガイドラインは増資のガイドラインで作りますということと、税効果会計に関しては、税効果会計の監査も含めてきちっとやらなければいけないと。それは正しく「金融再生プログラム」と工程表に則って、それぞれ重要な問題をきちっとやっていくということになります。

問)

予定利率についてなんですが、かねがね一般論としては損切りの必要性を訴えられておられましたが、保険問題について逆ざやの早期の損切りという観点は大臣はいかがお考えでしょうか。

答)

ちょっと損切りというのは、キャピタルロスとかが既に発生しているもので、その発生しているものを実現するという、損切りというのはそういう意味だと思います。そういう概念からいうと、予定利率の問題というのは、これはちょっと性格が違うと思います。損切りは損切りできちっとやらなければいけない。予定利率の問題というのは、ちょっと別の性格の問題としてしっかりと勉強しているということです。

問)

それから、昨日米国の方でGDPの予測の修正が行われましたけれども、これを受けて、日本での経済見通し、経済運営に影響が出ることはないでしょうか。

答)

それが直接影響するというふうには思っておりません。アメリカの状況というのは、非常に不確実性が高いですから、注意して見ていくということに尽きると思います。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る