竹中金融・経済財政担当大臣記者会見要旨

(平成15年6月3日(火) 9時11分~9時14分  於)院内)

1.質疑応答

問)

新しい公的資金の枠組みなんですけれども、今月中にも結論を出すということなんですけれども、これはやはり通常国会を目指してこれから動かすというか、動いていくというふうに思えばよろしいですか。

答)

まず、今、金融審のワーキンググループで、新たな公的資金の枠組みが必要かどうかも含めて抜本的な検討をしていただいていますので、まずはその専門家の議論をじっくりと見守って、それを踏まえて、今後我々としてやるべきことは何かというのを考えて行きたいと思います。

問)

やはり目途として、通常国会を目指すということでしょうか。

答)

まず必要性も含めて検討している段階ですので、その後どうするかというのは今の段階ではまだ申し上げるべきではないと思います。

問)

昨日、財務会計基準機構が会合を開きまして、時価会計の選択制、これ見送りの方向で意見が集約されつつあるんですけれども、これについていかがでしょうか。

答)

集約されつつあるということですけれども、今はまだ議論の途中でありますから、これはしっかりと議論をして欲しいと思います。

問)

公的資金の投入のスキームについて、昨日、自民党のセミナーで、新しい枠組みを作らなければいけないという発言があったのですが、その新しい制度の導入に向けた意欲を示されたということなのでしょうか。

答)

私の発言ですか。

問)

ええ。

答)

私の発言は、基本的には我々は今の法律をしっかりと執行していくという部分と、必要な枠組みは作っていく部分と、その両方の仕事がありますと。その新たな枠組みについては、「金融再生プログラム」でその必要性を含めて検討するということをかなり早い時期から私としても明示したつもりだと。それを受けて、今、議論の最終段階ですけれども、結果をしっかりと見守りたいということです。

あの時、国会議員の方がいらっしゃいましたから、もしそういうことになったら、これはもう国会で議論していただくことだと、そういう話を昨日はしたつもりです。

問)

閣議では何か経済に関する問題については。

答)

今日は短い閣議で総理もいらっしゃいませんでした。特に私の方に関連する項目は、関連の政令が1つありましたですけれども、特に報告することはございません。

閣僚懇でも、特に意見はありませんでした。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る