竹中金融・経済財政担当大臣記者会見要旨

(平成15年6月27日(金) 8時48分~8時52分於)院内)

1.発言要旨

閣議がございました。「骨太方針2003」の閣議決定をいただきまして、それに関連して、これをベースにしっかりと改革を進めていくという発言を私もさせていただきましたし、総理からも、しっかりとこれを実現していくようにというお話がありました。

以上です。

2.質疑応答

問)

AIGのGEエジソンの買収によって、外資が大きな一角に入ってくることになると思うんですが、日本の生保業界への影響等のお考えを聞かせてください。

答)

個別の経営の問題でありますので、特に申し上げる立場にはありませんですが、全体としてこうした様々な経営強化の動きによって、日本の生保業界全体が非常に強くなって行くと。それで、契約者により多くの利便を与えて行くと、そういうふうになって行くことを期待しています。

問)

りそなホールディングスの株主総会が今日行われるんですけれども、いよいよ新経営陣の下での再生のスタートとなると思うんですが、りそなホールディングスの今後に期待することと、あと再生を早くできるようにどんなことがポイントになるかお願いします。

答)

正に資本を注入して、その十分な資本基盤の上に立って、やはり非常に思い切った経営改革が必要だと思います。その体制がスタートするということで、新しい経営者、経営陣には思う存分その力を発揮してもらいたい。それが今回の政策を効果あるものにする、やはり一番重要なポイントであると思っています。

我々としては、しっかりと検査・監督をしていく立場に引き続きありますけれども、そのもとで経営陣の力を思う存分発揮してもらいたいと思っています。

問)

「骨太」の後に昨年は大臣イニシアチブみたいな取り組みをなさいましたけれども、今年の夏は何かそういったようなことを考えてらっしゃいますか。

答)

当然しっかりとした目標を示して、それで大胆にチェックをしていって、それを評価するというのは、これはモデル事業に限ったことではありません。全ての予算編成プロセスで重要なことですから、ある意味で骨太方針というのはその成果目標を掲げるうちの基本的な部分だと思います。それをより具体的にどのような成果目標を掲げていくか、それをどのように大胆に実行していくか、そこは正に大臣イニシアチブそのものですから、それはどのような形でいつ頃やるかというのはこれから決めますが、当然のことながら、昨年に引き続いて、むしろ昨年以上にしっかりとやらなければいけない課題だと思っています。

問)

銀行等保有株式取得機構の機能強化に向けて審議が始まると思うんですけれども、8%撤廃等によって、金融界にどういうようなメリットが出てくるでしょうか。

答)

この機構というのは、やはり保有制限のもとの1つのセーフティネットですから、セーフティネットを強くしていくということは、当然のことながら大きなメリットがあると思います。そのもとで、日本の株式市場がこうしたことも受けて安定していって、それが銀行経営にも跳ね返ってくる。それが更に日本経済を良くしていくと、是非そういう好循環につなげたいと思います。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る