伊藤金融担当大臣閣議後記者会見の概要

(平成16年10月5日(火) 11時01分~11時05分)

【大臣より発言】

本日の閣議でありますが、国会の召集について等一般案件、或いは政令等案件がございましたが、私共金融庁に関わる案件はございませんでした。その後の閣僚懇でありますけれども、村田大臣或いは北側大臣から台風21号の調査報告についてございました。また町村外務大臣からは「ODAを考えるタウンミーティング」についての御報告があったところでございます。その後郵政民営化を進めていくための本部の会合がございまして、それに私も出席をさせていただきました。

以上です。

【質疑応答】

問)

推進本部では何か大臣からは発言はありましたか。

答)

私からは発言はしておりません。

問)

来週の12日から臨時国会が召集される見通しですけれども、金融庁の法案として、先の通常国会で継続審議となっていた信託業法の改正案と、外国為替先物取引の勧誘行為の一部規制する金融先物取引法の改正案が提出される予定ですが、改めてこの2法案の意義、その有用性について大臣の御見解をお願いします。

答)

今お話がございましたように継続審議となりました「信託業法案」、これは規制改革推進3ヵ年計画の指摘を踏まえて、知的財産権を含む財産権一般の信託を可能とする、また金融機関の以外の者による信託業の参入を可能とするものでございました。このことによって新たな金融の流れを促すものでございます。本法案は企業の資金調達手段の多様化、或いは利用者のニーズに応えるもので大変重要なものだと思っておりますので早期に成立をさせていただきたく、私共としても一生懸命国会での対応をしていきたいというふうに思っております。

そしてもう一つの「金融先物取引法の一部を改正する法律案」でありますがこれは、金融先物取引を廻る環境の変化に対応して外国為替証拠金取引に基づく被害の拡大を防止する観点から、この取引やこれに類似する取引を取扱う業者を金融先物取引業の定義に含め、規制対象とするものでございます。そして顧客を保護するために必要な規制の整備を講じる等、所要の改正を行っていきたいというふうに思っております。この外国為替証拠金取引に関わるトラブルが急増いたしておりますので、次期臨時国会で早期の審議、成立をお願いをしていきたいというふうに思っております。

問)

UFJに対する刑事告発ですが、6月18日の行政処分からもう100日以上は経過しているかと思いますが、検討作業が長期化している理由と刑事告発するかどうかの最終的な判断については大臣が御判断されるということでよろしいのでしょうか。

答)

この点については重ねて同じ発言をさせて頂くことをお許し頂きたいというふうに思いますが、告発するかどうかも含めて今までお話をさせて頂いた幾つかの要素から総合的に検討を進めている状況でございます。この判断は最終的には私がさせていただくことになりますが、いずれにいたしましても法令に基づいて適正に対応をしていきたいというふうに思います。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る