英語版はこちら新しいウィンドウで開きます

与謝野内閣府特命担当大臣(金融・経済財政政策) 記者会見要旨

(平成18年1月10日(火) 9時43分~9時46分 於 金融庁会見室)

1.発言要旨

閣議は案件どおりでございまして、特に御報告することはございません。

2.質疑応答

問)

消費税率に関してですが、消費税率の将来の引き上げ幅につきまして、竹中大臣が、歳出削減やデフレ脱却の取組みを優先させることによって、将来の引き上げ幅をより小さくできるという考えの発言をされていますが、この件に関しまして、大臣のお考えをお願いいたします。

答)

論ずるまでもなく、それは当然のことであると思います。

問)

三井住友フィナンシャルグループですが、先週末に6,000億円規模の資本増強、増資の発表をしましたけれども、これによって公的資金の返済を前倒ししたいという意向もあるようですが、こうした動きについてはどのように評価されていますか。

答)

金融全体が困難な状況にあって、公的資金投入ということをしてきたわけでございますけれども、公的資金を返したいというお気持ちが出てきて、なおかつ、それができる状況になったということは、大変望ましいことであると思います。公的資金を返した上で、更にそれぞれの金融機関が健全性を回復することを、私としては期待しております。

問)

外国為替についてですけれども、現在はやや落着きを取り戻してきているドル円レートですが、昨日は円相場が113円後半まで上昇しまして、2カ月半ぶりの高値をつけております。このような動きに関して、大臣はどのようにお考えでしょうか。

答)

為替は、最終的にはファンダメンタルズを反映したものであるというふうに私は思っております。為替相場自体が変動するということは、市場で取引される以上、やむを得ないことであると思いますけれども、余り急激な上下の振れがあるということは望ましくないというのは、当然のことであろうと思っております。

現在の円の水準がどうかということについては、言及する立場にありませんけれども、急激な為替変動というのは望ましくないというのは、当然のことであると思っております。

(以上)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る