• ホーム
  • 国際関連情報
  • バーゼル銀行監督委員会

平成22年2月18日
金融庁

バーゼル銀行監督委員会による包括的な定量的影響度調査の実施について

バーゼル銀行監督委員会は、以下の文書に係る規制や提案の影響を評価するため、包括的な定量的影響度調査(QIS:Quantitative Impact Study)を実施します。そのため、2月17日、QISの調査シート、解説書、及びQ&A集を公表しました。新しいウィンドウで開きます

  • 「バーゼルIIにおけるマーケット・リスクの枠組みに対する改訂」(原題:Revisions to the Basel II market risk framework)(原文新しいウィンドウで開きます
  • 「バーゼルIIの枠組みの強化」(原題:Enhancements to the Basel II framework)(原文新しいウィンドウで開きます
  • 「銀行セクターの強靭性の強化」(原題:Strengthening the resilience of the banking sector)(原文新しいウィンドウで開きます
  • 「流動性リスク計測、基準、モニタリングのための国際的枠組み」(原題:International framework for liquidity risk measurement, standards and monitoring)(原文新しいウィンドウで開きます

なお、本QISは、本邦においては国際基準行のみが対象となります。

詳細につきましては、以下をご覧ください。

  • 調査シート(原題:Comprehensive QIS Workbook)(EXCEL原文新しいウィンドウで開きます
  • 解説書(原題:Instructions for the comprehensive quantitative impact study)(PDF原文新しいウィンドウで開きます
  • Q&A集(原題:Frequently asked questions on the comprehensive quantitative impact study)(PDF原文新しいウィンドウで開きます

以上

お問い合わせ先

金融庁 Tel:03-3506-6000(代表)
総務企画局総務課国際室(内線3630、3185、3677)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る