• ホーム
  • 国際関連情報
  • 国際関連情報(その他)

英語版はこちら新しいウィンドウで開きます

平成19年6月14日
金融庁

山本金融担当大臣と欧州委員会マクリーヴィ委員の会談について

平成19年6月13日に、金融庁において、山本有二金融担当大臣は、欧州委員会チャーリー・マクリーヴィ委員(域内市場・サービス担当)と会談しました。

会談終了後に発表したプレスリリースは以下のとおりです。

お問い合わせ先

金融庁 Tel:03-3506-6000(代表)
総務企画局企業開示課
(内線3674、3663)


平成19年6月13日
金融庁

山本金融担当大臣と欧州委員会マクリーヴィ委員が
会計・監査等金融サービスの分野について会談

  • 1.  山本有二金融担当大臣は、2007年6月13日に、金融庁において、欧州委員会チャーリー・マクリーヴィ委員(域内市場・サービス担当)と会談した。会談には、金融庁五味廣文長官とヨルゲン・ホルムキスト域内市場総局長も同席した。

  • 2.  山本大臣とマクリーヴィ委員は、日本の金融商品取引法やEUの金融商品市場指令を含め、日・EUの資本市場における最近の動向について、意見交換を行った。

  • 3.  山本大臣は、日本の金融資本市場の国際金融センターとしての魅力を高めようとする取組みを説明した。これに対し、マクリーヴィ委員は、ファイアー・ウォール規制に関する事項を含め、今後実施される可能性のある施策に高い関心を示した。

  • 4.  両者は、会計基準の分野において、日・EUで適用される基準の同等性に関し満足できる解決策を見出すことを目的とした継続中の対話及び努力に対し、歓迎の意を示した。マクリーヴィ委員は、企業会計基準委員会(ASBJ)によって行われているコンバージェンスに向けた作業の進展を認識し、山本大臣は、EU市場の開放的な性格が維持されることの重要性を強調した。

  • 5.  さらに、両者は、監査の分野においても、監査監督体制等について相互協力・理解を進めていく必要があることについて合意した。将来的には、一つの目標として、相互に監督体制を信頼し合うことを目指すものとなろう。本作業に際しては、多くの点について検討することが必要であり、適切な監査基準に担保された品質保証体制、調査・処分体制や公的監視体制がこれに含まれよう。

  • 6.  両者は、会計・監査の分野における進展を確かめるため、本年末までに専門家レベルでの会合を開催することに合意した。

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る