• ホーム
  • 国際関連情報
  • 国際関連情報(その他)

英語版はこちら新しいウィンドウで開きます

平成20年2月12日
金融庁

IOSCO・マルチMOU(多国間情報交換枠組み)への署名について

  • 1.2月5日、金融庁は、IOSCO(証券監督者国際機構)新しいウィンドウで開きます が策定した枠組みである各国証券監督当局間の協議・協力及び情報交換に関する多国間覚書(Multilateral Memorandum of Understanding concerning Consultation and Cooperation and the Exchange of Information :以下「マルチMOU」といいます。)の署名当局となることについて、IOSCOから承認されました。今後、所要の手続きを経て、2月中にも、金融庁は、正式にマルチMOUの署名当局の一つとなります。

    • (注)マルチMOUの署名当局となるには、情報交換協力に関する法制について、IOSCOの審査を受け、当該当局はマルチMOUに基づく情報交換を行うのに十分な法的権限を有しているとの承認を受けることが必要です。現在、欧米やアジアの主要国・地域(米、英、仏、独、伊、西、香港、星、中国)の証券監督当局を含む44の当局がマルチMOUの署名当局となっています。

  • 2.証券取引のクロスボーダー化に伴い、市場不正行為も国境を越えて行われるようになっている中、証券市場を適切に監視・監督するため、各国の証券監督当局にとって、相互に円滑な情報交換協力を行うことは不可欠となっています。昨年12月に発表の「金融・資本市場競争力強化プラン」においても、「海外当局との連携強化」「監督当局間の情報交換に関するネットワークの拡大」が掲げられているところです。

  • 3.マルチMOUの署名当局となることにより、金融庁は、今後、世界中の証券監督当局との間で、監督・エンフォースメント上必要な情報を相互に交換し合うことが可能となり、国際協力の下で、クロスボーダー化する証券市場の公正性等を確保していくこととなります。

(別添1) PDF「マルチMOU」本文(英語)(PDF:752K)
(別添2) PDF「マルチMOU」署名当局(PDF:49K)
(別添3) PDF「金融・資本市場競争力強化プラン」(抄)(PDF:56K)
(別添4) PDF金融商品取引法第189条(PDF:70K)

お問い合わせ先

金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)
総務企画局総務課国際室
(内線3189、3693)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る