• ホーム
  • 国際関連情報
  • 国際関連情報(その他)

英語版はこちら新しいウィンドウで開きます

平成20年3月7日
金融庁/公認会計士・監査審査会

PCAOBによる規則4012条の実施に関する指針(案)への
コメント・レターの発出について

  • 1.  金融庁及び公認会計士・監査審査会(審査会)は、3月4日付けで、米国公開会社会計監視委員会(PCAOB)による規則4012条の実施に関する指針(案)に対して、コメント・レターを発出しました。

  • 2.  規則4012条は、外国当局による検査への依拠の程度を決定する要件を定めたものであり、依拠の程度を決定する際、外国当局の体制について、主に5つの要件((1)十分性、完全性、(2)監査業界からの独立性、(3)財源の独立性、(4)透明性、(5)過去の実績)を考慮することとされています。

  • 3.  同指針(案)においては、上記の要件それぞれについて詳細な検討事項が定められています。

  • 4.  今回、発出したコメント・レターの主な内容は以下の通りです。

  • 金融庁及び審査会は、資本市場に対する信頼を維持するため、日本の監査監督体制が効果的で包括的なものであるよう、今後とも努めていく所存である。
  • PCAOBの提案するスライディング・スケール方式(注)は公益の保護を図りつつ、行政手続の重複を避ける上で、理にかなったアプローチだと考える。
    • (注) 外国当局の制度の独立性及び厳格さに応じて依拠の度合いを決定する方式。

  • 公的監視活動を行う上で、金融庁及び審査会とPCAOBの間で効果的な協力関係が構築されることが不可決と考える。その際、金融庁及び審査会は、必要な場合には、検査報告書について監査事務所から入手するのではなく当局間で交換することが望ましいと考えており、この点について引き続き、対話を行っていきたい。
  • 多くの国が母国主義を採用している状況に鑑みれば、各国における規制の枠組みが十分と認められる場合、母国主義によることを検討すべきではないか。

【連絡・問合せ先】

金融庁
総務企画局 企業開示課(Tel:03-3506-6000 内線:3663)
公認会計士・監査審査会(Tel: 03-3506-6000 内線:2432)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る