• ホーム
  • 国際関連情報
  • 国際関連情報(その他)

英語版はこちら新しいウィンドウで開きます

平成21年2月2日
金融庁/公認会計士・監査審査会

PCAOBによる外国監査事務所の検査周期の一部延長等に係る規則改正(案)へのコメント・レターの発出について

金融庁及び公認会計士・監査審査会(審査会)は、2月2日付けで、米国公開会社会計監視委員会(PCAOB)による外国監査事務所の検査周期の一部延長等に係る規則改正(案)に対して、コメント・レターを発出しました。

PCAOBは、企業改革法(SOX法)により、100社以下の上場会社等を監査する国内外の登録監査事務所に対して、原則3年に一回検査を実施することが求められています。

同規則改正(案)は、2009年末までに実施することが求められている外国監査事務所に対する検査を最大3年間延長することができるものとするPCAOB規則4003の改正と、外国監査事務所が、当該外国の国内法に抵触する懸念から検査要求を拒んだ場合にPCAOBが取りうる措置に関するものであり、PCAOBは当該案についてパブリックコメントを求めています。

今回、発出するコメント・レターの主な内容は以下のとおりです。

  • 公益・投資家保護の向上という法律上の責任を果たすため、必要な外国監査事務所の情報を入手するという、規則改正案に関するPCAOBの意図については理解できる。
  • 一方で、国境を越える問題を扱う場合、相手国の主権や法規制上の枠組みについて十分配慮する必要がある。
  • 外国監査事務所が、自らはコントロールできない現地法による制限や主権問題によりPCAOB規則に従えない場合には、PCAOBは、まず、関連する外国の権限ある監督当局と十分に協議し、当該規則違反の背景や理由を調べ、よりよい解決策を探るべきではないか。
  • PCAOBと同等に堅固で独立の監査監督機関については、母国監督主義の原則により、当該機関への依拠に向けたアプローチを模索することも考えられるのではないか。なお、問題を解決するためにSOX法に関し、立法府と話し合うこともあり得るのではないか。
資料1: PDF金融庁及び公認会計士・監査審査会からPCAOBへのコメント・レター新しいウィンドウで開きます
資料2: PDFPCAOBによる外国監査事務所の検査周期の一部延長等に係る規則改正(案)新しいウィンドウで開きます

【連絡・問合せ先】

金融庁総務企画局 企業開示課 (Tel:03-3506-6000 内線:3663)
公認会計士・監査審査会 (Tel:03-3506-6000 内線:2432)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る