平成27年11月10日
金融庁

金融安定理事会による「グローバルなシステム上重要な銀行の破綻時の損失吸収及び資本再構築に係る原則」及び本件に係る「影響度調査の結果の要旨」の公表について

金融安定理事会(FSB)は、11月9日、「グローバルなシステム上重要な銀行の破綻時の損失吸収及び資本再構築に係る原則」(原題:Principles on Loss Absorbing and Recapitalisation Capacity of G-SIBs in Resolution)及び本件に係る「影響度調査の結果の要旨」を公表しました。内容については、以下をご覧ください。

  • PDFプレスリリース新しいウィンドウで開きます(金融安定理事会ウェブサイトにリンク)、PDF仮訳(PDF:65KB)

  • 「グローバルなシステム上重要な銀行の破綻時の損失吸収及び資本再構築に係る原則」PDF原文新しいウィンドウで開きます(金融安定理事会ウェブサイトにリンク)

  • 「TLAC原則及びタームシートに対する市中協議後の改定の概要」原文新しいウィンドウで開きます(金融安定理事会ウェブサイトにリンク)

  • 「TLAC影響度調査の結果の要旨」PDF原文新しいウィンドウで開きます(金融安定理事会ウェブサイトにリンク)

関連サイト:金融安定理事会ウェブサイト

http://www.financialstabilityboard.org/新しいウィンドウで開きます

お問い合わせ先

金融庁 Tel:03-3506-6000(代表)

総務企画局総務課国際室(内線3186)

アドビ社のサイトへ
PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Reader日本語版が必要です。
お持ちでない方は、上のボタンをクリックし、手順に従い最新のソフトをダウンロードしてご覧ください(新しいウィンドウで開きます)。