IOSCOの沿革と我が国の参加

IOSCOの沿革

IOSCOの前身は、米国およびカナダが、ラテン・アメリカ諸国の資本市場育成のため、これら諸国の証券監督当局や証券取引所等を指導することを目的として1974年に発足した「米州証券監督者協会(Interamerican Association of Securities Commissions)」です。

1983年に米州域外の国々も加盟できるように規約が改正され、1986年のパリにおける第11回年次総会で名称が現在のIOSCOに改められました。

IOSCOのメンバー

IOSCOのメンバーである加盟機関の総数は、普通会員(Ordinary Member:証券監督当局)126機関、準会員(Associate Member:その他当局)23機関及び協力会員(Affiliate Member:自主規制機関等)65機関から構成され、併せて214機関 (2016年8月現在) となっています。

我が国のIOSCOへの参加

我が国からは、1988年11月のメルボルンにおける第13回年次総会で、当時の大蔵省(証券局)が普通会員としてIOSCOに加盟しました。

現在は、金融庁が、2000年7月の発足と同時に、それまでの金融監督庁(準会員)および大蔵省(金融企画局)(普通会員)の加盟地位を承継し、我が国からの普通会員となっています。また、現在、1993年10月のメキシコシティにおける第18回年次総会で準会員として加盟した証券取引等監視委員会に加えて、商品先物を所掌している経済産業省および農林水産省が普通会員、日本取引所グループ、日本証券業協会が協力会員となっています。

IOSCOの年次総会

IOSCOは毎年1回年次総会を開催しており、2016年までに41回開催されています。2016年における第41回年次総会は5月にリマ(ペルー)で開催されました。次回第42回年次総会は2017年5月にキングストン(ジャマイカ)で開催される予定です。なお、1994年6月には第19回年次総会が東京で開催されました。

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る