「意見申出制度」及び「検査モニター」のより一層の周知徹底について

金融庁検査局では、検査マニュアルの機械的・画一的な適用を防止するなど適正な検査を確保するために、被検査機関に対して、「意見申出制度」を実施しております。また、立入検査中又は後に被検査機関の経営陣等から意見を伺う「検査モニター」を実施しております。

詳細につきましては、下記項目をご参照ください。

「意見申出制度」の概要

目的と趣旨

金融検査の質的水準及び判断の適切性の更なる向上を図り、もって金融検査に対する信頼を確保することを目的として、「意見申出制度」を実施しています。 本制度は、検査官と被検査機関とが十分な議論を尽くした上でも認識が相違した項目がある場合に、被検査機関が当該相違項目について意見を申し出る制度です。

したがって、被検査機関は、意見申出を行ったことを理由に、不利益を受けることはありません。

対象検査

金融庁検査局、財務局、福岡財務支局及び沖縄総合事務局の実施する立入検査が対象となります。

対象項目

当該立入検査における検証項目のうち、検査官と被検査機関とが十分な議論を尽くした上でも認識が相違した項目を意見申出の対象とし、新たな論点及び主張は対象としません。

提出期限

立入検査終了手続(エグジット・ミーティング)実施日から2週間後(期限が土休日に当たる場合、その翌営業日)を期限とします。

(注) 郵送の場合は、提出期限内の消印日付のあるものを有効とします。

提出形態

立入検査終了の際に確認された意見相違項目について、別紙2に、「事実関係」、「検査官の認識」及び「被検査機関の認識」を記載の上、事実関係等に係る資料のほか、必要に応じ会計監査人等の意見書を添付し、提出してください。但し、期限内の提出が困難な資料等については、申出書提出後、速やかに提出することができます。

また、認識の相違に至った経緯を明らかにするため、別紙3に、意見相違項目についての、検査官との議論の経緯につき記載してください(会計監査人等と検査官との議論の経緯についても含めます)。

提出先

別紙1により、代表者名において金融庁検査局長宛提出してください。但し、担当主任検査官又は本店所在地を管轄する財務局等経由で提出することができます。

審理方法

検査局意見申出審理会(立入検査を行った検査官以外の検査局幹部及び外部の専門家により構成)において、申出書に基づき、書面による審理を行います。

なお、審理に先立ち、被検査機関からの申出の内容について、担当係より確認等を行う場合があります。

審理結果の回答方法

申出項目の審理結果は、検査結果通知書に別紙として添付する形で回答します。

申出実績

平成12年1月の制度導入後、平成27事務年度までの実績をみると、42機関から380事案の申出がなされ、そのうち161事案(42%)について、被検査機関の意見を採用しています。

問い合わせ先

金融庁検査局総務課検査モニター・意見申出係 TEL 03-3506-6000(内線2273、2925、2586)

意見申出様式

(別紙1) 意見申出書 (PDF版) (WORDWORD版
(別紙2) 被検査機関と検査官の認識の相違点 (PDF版) (WORDWORD版
(別紙3) 意見相違事案の議論の経緯(PDF版) (WORDWORD版

「検査モニター」の概要

目的

金融検査に関する基本指針の適切な運用を確保し、検査マニュアルの機械的・画一的な運用の防止など、適正な検査を確保する観点からの意見聴取に加え、今後の効果的・効率的な検査実施に向け、検査の質的向上を図ることを目的として、ヒアリング式検査モニター、アンケート式検査モニターの2通りの方法により、「検査モニター」を実施します。

ヒアリング式検査モニターについて

実施方法

金融庁・財務局のバックオフィスの幹部が被検査金融機関に出向き、立入検査中又は後に経営陣及び検査担当者から直接意見の聴取をするものです。実施時期については、金融機関の希望を聴取し、調整を行います。

実施者

検査主担行政庁バックオフィスの幹部

(例)金融庁 局長、審議官、総務課長、企画審査課長 等
財務局 理財部長、検査監理官、検査総括課長 等
処理

意見については必要に応じて立入検査中の主任検査官に伝達する等の対応をとるとともに、今後の検査運営等の参考とさせていただきます。

アンケート式検査モニターについて

実施方法

ヒアリング式検査モニターを補完するものとして、検査結果通知等の交付後に、アンケート方式により意見を聴取するものです。別紙のアンケート式検査モニターの様式により実施します。

提出期間

検査結果通知等の交付後10日目までの間(土日祝日除く)

処理

聴取した意見に対して、必要に応じ補足ヒアリングをすることがあります。

本アンケートにおいて把握した課題等について改善を図るとともに、今後の検査運営等の参考とさせていただきます。

アンケート結果は、集計を行い、必要に応じて1年に1回程度公表するとともに、金融庁法令等遵守調査室に回付します。

過去のアンケート式検査モニター(旧オフサイト検査モニター)の集計結果について

本件に関する問い合わせ先は、以下のとおりです。

金融庁検査局総務課検査モニター・意見申出係 03-3506-6000(内線2273、2925、2586)

様式 〉

※平成28年7月より実施する検査については、下記の様式の使用をお願いいたします。

様式 アンケート式検査モニター PDF版(299KB) WORD版(85KB)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る