English新しいウィンドウで開きます

「責任ある機関投資家」の諸原則
≪日本版スチュワードシップ・コード≫
〜投資と対話を通じて企業の持続的成長を促すために〜
の受入れを表明した機関投資家のリストの公表について(平成28年9月2日更新)

「日本版スチュワードシップ・コードに関する有識者検討会」(座長 神作 裕之 東京大学大学院法学政治学研究科教授)は、平成26年2月27日に「『責任ある機関投資家』の諸原則≪日本版スチュワードシップ・コード≫〜投資と対話を通じて企業の持続的成長を促すために〜」(以下、「本コード」といいます。)を策定・公表しています。

これを踏まえ、金融庁では、本コードの「受入れ表明」をしていただいた機関投資家のリストを公表しています(「責任ある機関投資家」の諸原則≪日本版スチュワードシップ・コード≫〜投資と対話を通じて企業の持続的成長を促すために〜の確定について)。

※従前は、3ヶ月毎に当該リストの更新を行ってきましたが、平成28年3月分より、新たに「受入れ表明」のご連絡をいただいた機関投資家名を、随時、リストに追加しております。

なお、平成26年9月2日に金融庁ウェブサイトにおいて、「PDF機関投資家等の皆さまへ」と題するメッセージを公表しておりますので、こちらも併せてご覧ください。

これまでに「受入れ表明」をしていただいた機関投資家について、業態別に分類した結果は、以下のとおりです。(平成28年9月2日更新)

・ 信託銀行等
・ 投信・投資顧問会社等 151
・ 生命保険会社 18
・ 損害保険会社
・ 年金基金等 26
・ その他(議決権行使助言会社他)
(合 計) 213

新たに「受入れ表明」をしていただく機関投資家の皆様は、「受入れ表明」及び「コードの各原則に基づく公表項目」の公表を行ったウェブサイトのアドレスに加えて、機関投資家名、ご担当者氏名(部署、役職)、連絡先(住所、電話番号又はメールアドレス)、法人番号を明記の上、jstewardship@fsa.go.jpまでご連絡下さい。

なお、自己のウェブサイトを有していない機関投資家に限っては、上記の「受入れ表明」及び「コードの各原則に基づく公表項目」を、PDF形式で、上記連絡先に送付していただくことをもって、ウェブサイトでの公表に代えることも可能としています。

また、リスト掲載情報に変更がございました場合も上記連絡先にご連絡下さい。

以上

お問い合わせ先

金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)

総務企画局企業開示課

(内線3836、3671)

アドビ社のサイトへ
PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Reader日本語版が必要です。
お持ちでない方は、上のボタンをクリックし、手順に従い最新のソフトをダウンロードしてご覧ください(新しいウィンドウで開きます)。