英語版はこちら新しいウィンドウで開きます

平成15年8月1日
金融庁

金融研究研修センター長の任命について

本日付で、吉野直行慶應義塾大学経済学部教授を、金融研究研修センター長に任命することとしましたので、お知らせします。

(吉野教授の略歴については別紙1、金融研究研修センターの概要については別紙2を参照)

金融庁 Tel:03-3506-6000(代表)
総務企画局政策課研究開発室 浅田(内線3292)


別紙1)

略歴

吉野直行(よしの・なおゆき) 慶應義塾大学経済学部教授

1950年 東京生まれ
1973年   東北大学経済学部卒業
1974年   東北大学経済学修士
1975-79年   米国ジョンズ・ホプキンス大学経済学部博士課程修了、
経済学博士(Ph.D)
1979-81年   ニューヨーク州立大学経済学部助教授
1982-90年   埼玉大学大学院政策科学研究科助教授
1990年   慶應義塾大学経済学部助教授
1991年-   慶應義塾大学経済学部教授(現職)
     
1985年   マサチューセッツ工科大学訪問研究員
1988-90年   郵政省郵政研究所特別研究官
1989-2000年   大蔵省財政金融研究所特別研究官
1991-93年   日本銀行金融研究所国内客員研究員
1998-2000年   金融監督庁顧問
1999年-   預金保険機構運営委員
2001年-   財政制度審議会委員、外国為替審議会委員
2003年-   金融庁総務企画局金融研究研修センター長

別紙2)

金融研究研修センターの概要

金融研究研修センターは、平成13年7月、金融庁における「研究と研修の効果的な連携」を目的として発足しました。庁内において先端的な金融理論・金融技術等に関する知識を蓄積するとともに、これを活かして不断に職員の専門性・先見性向上を図っていくための活動を行っています。また、昨秋以降、4本のディスカッション・ペーパーを公表するなど、対外的な情報発信機能の拡充にも努めています。

○ 金融研究研修センターの体制(平成15年8月1日現在)

金融研究研修センターの体制

(注)センター長は、これまで、総務企画局審議官(総務担当)が兼務していました。


○ これまでに公表した研究成果(ディスカッション・ペーパー)

  • 信託業法のあり方-イギリス法を手がかりに-」(14年11月)
    • 山下 純司 特別研究員
  • 「米国における信託会社規制-イリノイ州を中心に-」(14年11月)
    • 森田 果 特別研究員
  • 「大規模データベースを用いた信用リスク計測の問題点と対策
    (変数選択とデータ量の関係)」(15年2月)
    • 山下 智志 特別研究員 ・ 川口 昇 専門研究員(当時)
  • 「ドイツにおける預金保護・危機対応の制度
    -市場経済に立脚した金融システムの維持-」(15年5月)
    • 山村 延郎 研究官

(注)当センターのウエブサイトから全文ダウンロードできます。

アドレス: http://www.fsa.go.jp/frtc/index.html

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る