平成16年8月31日
金融庁

初等中等教育段階における金融経済教育に関するアンケートの公表について

金融庁は、本日、「初等中等教育段階における金融経済教育に関するアンケート」の結果をホームページに掲載しました。

このアンケートは、各都道府県の小学校、中学校、高等学校を対象に、各学校における金融経済教育の意識、取組み状況及び金融庁への要望などの実態を調査し、今後金融庁が取り組むべき施策の参考とすることを目的としたものです。

近年の金融経済環境の変化の中で、児童・生徒が将来、社会人として、様々な金融商品・サービスなどの内容を十分理解した上で、自らの判断と責任で主体的に選択を行っていくためには、早い段階から金融の仕組みや取引ルールなどの知識・理解を深めることが必要になっています。

このような観点から、金融庁としては、児童・生徒が、金融の仕組みや働きなどについて基礎的な知識を身につけるとともに、自分たちの身近な生活における金融との結び付きを理解し、金融取引による被害にあわないようにするためにも、引き続き、初等中等教育段階における金融経済教育の推進に積極的に取り組んでいきたいと考えています。

問い合わせ先

金融庁 Tel:03-3506-6000(代表)
総務企画局政策課 寺門(内線3167)、川西(内線3168)


アドビ社のサイトへ
PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Reader日本語版が必要です。
お持ちでない方は、上のボタンをクリックし、手順に従い最新のソフトをダウンロードしてご覧ください(新しいウィンドウで開きます)。