平成18年5月16日
金融庁

オーストラリア、タイ及び香港の金融情報部門との疑わしい取引に関する情報交換枠組の署名について

  • 1.日本国金融庁は、平成18年5月9日にオーストラリアの金融情報部門(以下FIU(注1)という。)との間で、5月15日にタイ及び香港のFIUとの間で、情報交換のための枠組を構築するための当局間による文書に署名を行った。

  • 2.本情報交換枠組は、上記の国及び地域の当局間との間で疑わしい取引(注2)に関する情報の交換を円滑に行うために、情報交換の手続等を定めたものである。これにより、上記国・地域のFIU間で、犯罪収益やテロ資金の疑いのある取引に関する情報を迅速に交換することが可能となった。

  • 3.犯罪、テロの国際化が進む中で、各国当局が情報を共有し、協調して取締りにあたることが重要な課題となっており、FIU間の情報交換を推進することが国際的な合意となっている。このような状況から、世界各国のFIUの間で情報交換のネットワークを構築する動きが進んでおり、我が国もこれまで、英国(13年6月)、ベルギー(15年6月)、韓国(15年12月)、シンガポール(16年7月)及び米国(16年12月)との間で既に同様の情報交換枠組を締結してきている。

  • 4.オーストラリア、タイ及び香港は、地理的、経済的に我が国と関係が深い国及び地域であり、オーストラリアのシドニー、タイのバンコク及び香港は、アジア・太平洋地域の金融センターとして各国からの資金が集中するところである。これらの国及び地域との間で犯罪収益やテロ資金の疑いのある取引に関して迅速な情報交換を行うことは、我が国の犯罪対策やテロ資金対策の見地からも重要であることから、本枠組は非常に意義のあるものと考えている。

    • (注1)Financial Intelligence Unitの略称で、マネー・ローンダリングやテロ資金に関する疑わしい取引の情報を一元的に受理・分析し、捜査機関等に提供する政府機関を指している。日本のFIUは金融庁特定金融情報室であり、オーストラリア連邦のFIUはAUSTRAC(The Australian Transaction Reports and Analysis Centre)、タイ王国のFIUはAMLO(The Anti-Money Laundering Office)、香港特別行政区のFIUはJFIU(The Joint Financial Intelligence Unit)と呼称されている。

    • (注2)組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律により、金融機関等は、犯罪収益やテロ資金等に係る疑いのある取引を金融庁に届け出なければならない。

お問い合わせ先

金融庁 Tel:03-3506-6000(代表)
総務企画局総務課特定金融情報室(内線3272)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る