金融機関を装ったCD−ROMの配布事例について

平成17年11月11日
金融庁

最近、金融機関を装い、インターネットバンキング利用者にCD−ROMを送りつけるという事例が発生しています。報告されたところによると、CD−ROMはセキュリティ対策ソフトであると称して送られ、これをインストールしたところ、預金口座から身に覚えのない振込みがなされたとのことです。CD−ROMには実際はスパイウェア等の不正なプログラムが記録されており、これをインストールさせることによって利用者のIDやパスワードを漏洩させるものでした。

各利用者におきましては、被害防止のため、以下の点にご注意下さい。また、金融犯罪の手口が複雑化する傾向にありますので、日頃から被害に遭わないよう心掛けて下さい。

  • 金融機関名が入ったCD−ROM等の記録媒体が送られた場合には、これを安易に使用せず、まず金融機関に確認して下さい。
  • 金融機関に確認する場合、CD−ROM等に記載された電話番号は偽の窓口の可能性があるため、金融機関のホームページ等を利用して正しい電話番号を確認して下さい。
  • CD−ROM等が偽物と判明した場合には、都道府県警察サイバー犯罪相談窓口新しいウィンドウで開きます又は最寄りの警察署に相談して下さい。
  • 不審なCD−ROM等を誤って使用した場合には、直ちに金融機関に連絡し、被害防止のための措置を相談して下さい。