電子マネー及び電子決済の環境整備に向けた懇談会第1回会合の模様(概要)




                                                                                

1.日  時    平成9年10月7日(火)10時00分〜12時10分                    

2.場  所    大蔵省第1特別会議室(合同庁舎4号館12階)                      

3.議  題    委員紹介、内外における電子マネー等への取組について(事務局説明)  

              今後の進め方                                                      

4.議事経緯                                                                    

  10月7日(火)、電子マネー及び電子決済の環境整備に向けた懇談会第1回会合が開

催された。会合の模様は概ね以下の通り。                                          

                                                                                

(1) 委員紹介、事務局挨拶が行われた後、情報ネットワークの発展と経済社会の変革、電

子マネーの利便性、我が国及び諸外国における電子マネー・電子決済への対応、今後の主

な検討課題、等について事務局から説明が行われた。                                

                                                                                

(2) その後、質疑応答が行われた。                                                

主な内容は以下のとおり。                                                        

・まずは電子マネーの発行体に係る制度的枠組み、電子マネーの利用者保護等を検討する

こととして、それとの関連で電子決済に係る認証サービスの在り方やオープン・ネットワ

ーク上の決済サービス全般の在り方に関する問題についても必要に応じて議論すべきでな

いか。                                                                          

・電子マネーの発行・流通に係る信頼性の確保を考えるのであれば、発行体破綻時の対応

電子マネー・データへの強制執行等の問題についても検討すべきでないか。            

・欧米で電子マネーへの対応は異なっているが、電子マネーのクロスボーダーな性質を考

慮すれば、我が国における制度整備に関しても国際的整合性を確保することが必要ではな

いか。                                                                          

・各省庁で電子商取引等について同時並行的に検討が行われているが、当懇談会でもそれ

らの検討状況をフィードバックしてもらい整合性のとれたものとするべきではないか。  

                                                                                

  第2回、第3回の会合はそれぞれ10月29日(水)、11月11日(火)に開催する

予定。

 

大蔵省 TEL03-3581-4111(代) 銀行局 総務課金融市場室(内線5657)
本議事概要は、暫定版であるため今後修正がありえます。