NISAのポイント

非課税投資枠が1年毎に設定され、毎年120万円まで投資できます。

非課税投資枠が1年毎に設定され、毎年120万円まで投資できます。

いつでも払出し・売却が可能。ただし、払出し・売却をした分に対応する非課税投資枠は再利用できません。

いつでも払出し・売却が可能。ただし、払出し・売却をした分に対応する非課税投資枠は再利用できません。

5年間の非課税期間が終わったら、口座内の金融商品を@翌年の非課税投資枠に移すか、A課税口座に移すか、又は、B売却することを選択することができます。

5年間の非課税期間が終わったら、口座内の金融商品を@翌年の非課税投資枠に移すか、A課税口座に移すか、又は、B売却することを選択することができます。

ロールオーバーをした場合

ロールオーバーをした場合

非課税期間が終了し、翌年の非課税投資枠ロールオーバーをした場合、ロールオーバーした額分だけ非課税投資枠を使い、新規に投資できる額が少なくなります。ロールオーバーした金額が120万円以上の場合、非課税投資枠を使い切ることになりますので、新規の投資はできないことになります。

課税口座へ移す際の注意点

非課税期間終了時に保有している金融商品を課税口座に移す場合、その時点で保有資産が値上がりしているのか値下がりしているのかで、その後に課税口座で保有している金融商品を売却する際に支払う税金に差が出てきます。

(ケース1)

NISA口座で株式を120万円で購入し、5年の非課税期間終了時に150万円に値上がりしていたとします。
この時点でNISA口座から課税口座へ移す場合、取得価格は150万円に変更されます。

その後、

  • @ 150万円から170万円に値上がりし売却した場合 → 利益の20万円(170万円−150万円)に課税されます。
  • A 150万円から110万円に値下がりし売却した場合 → 利益がないので税金はかかりません。

ケース1

最初から課税口座で購入・売却した場合
120万円で購入し、170万円で売却した場合、50万円(170万円−120万円)の利益に課税されることになります。NISA口座から課税口座へ移した場合(@)と比較すると、NISA口座から課税口座へ移した場合の方が支払う税金は少なく済みます。
(ケース2)

注意が必要なのは、非課税期間終了時に保有資産が値下がりしていた場合です。
例えば、NISA口座で株式を120万円で購入し、5年の非課税期間終了時に100万円に値下がりしていたとします。
この時点でNISA口座から課税口座へ移す場合、取得価格は100万円に変更されます。

その後、

  • @ 100万円から130万円に値上がりし売却した場合 → 利益の30万円(130万円−100万円)に課税されます。
  • A 100万円から80万円に値下がりし売却した場合 → 利益がないので税金はかかりません。

ケース2

最初から課税口座で購入・売却した場合
120万円で購入し、130万円で売却した場合、10万円(130万円−120万円)の利益に課税されることになります。NISA口座から課税口座へ移した場合(@)と比較すると、NISA口座から課税口座へ移した場合の方が支払う税金が多くなってしまいます。

1年の非課税投資枠の未使用分は、翌年以降に繰り越せません。

1年の非課税投資枠の未使用分は、翌年以降に繰り越せません。

NISAとは?
NISA
ジュニアNISA
つみたてNISA
データ集