資産運用シミュレーション

  • 将来いくらになる?
  • 毎月いくら積立てる?
  • 何年間積み立てる?
  • 毎月の積立金額 万円
    想定利回り(年率) %
    積立期間
    最終積立金額
    16,380,000

    長期投資の効果を比較してみましょう。たとえば、毎月2万円の少額投資による積み立て投資を想定します。年3%の収益が期待される低リスク商品に投資した場合、10年間の投資期間で貯めることができるのは280万円弱です。しかし投資期間を30年とすると、1165万円になります。その金額を同じ3%の収益で10年間で達成するには、月々8万円以上の積立額が必要になります。
    若年層であれば、少額投資で低リスク商品に投資したとしても、時間を味方につけて、30年後の資金として十分に役立つことになるでしょう。低リスク商品とはいえ、価格変動などのリスクは伴いますが、早めに準備を始めることで、リスクを抑えつつ、長期投資の効果を得ることができます。

  • 積立期間
    想定利回り(年率) %
    目標金額 万円
    毎月積立金額
    30,000

    たとえば、子どもの教育資金のために、ジュニアNISAを使って18年間で300万円の資産を作ることを目標としたときに、投資商品を使わずに積み立てた場合、毎月1万4千円弱の金額が必要になります。これをたとえば、年3%の収益が期待される運用商品に投資した場合、月々の積立額は1万円強で達成が可能になります。
    積み立てによる将来の資産形成を目指したときに、運用利益がゼロ、つまり、積立額だけでは、月々の積立額が大きくなり、継続できないかもしれません。投資商品を使えば、低リスク商品への投資でも、積立額プラス運用利益がさらに利益を生むため、資産形成の負担を軽減できそうです。

  • 毎月の積立金額 万円
    想定利回り(年率) %
    目標金額 万円
    積立期間
    18年9ヶ月

    たとえば、毎月1万円を積み立てて、将来300万円の資産を作ることを考えてみます。投資商品を使わずに、単に積み立てた場合、25年間を要することになります。これをたとえば、年3%の収益が期待される運用商品に投資した場合、18年9ヶ月で達成することが可能となります。年5%の収益を前提にすれば、16年4ヶ月で達成できます。
    積立額だけでは、資産形成をするには、時間を要することになります。少額投資でも低リスクながらも、多少のリスク商品に投資することで、早く実現することが期待されるわけです。

【免責事項】
  • ・本シミュレーション結果は、ご入力いただいた項目に基づき算出した概算値です。手数料、税金等は考慮しておらず、実際値とは異なる場合があります。
  • ・本シミュレーションのいかなる内容も、将来の運用成果を予測し、保証するものではありません。
  • ・本シミュレーションは、特定の金融商品の取引を推奨し、勧誘するものではありません。
  • ・情報の正確性には万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性、信頼性等を保証するものではありません。
  • ・本シミュレーションの内容については、予告なく変更される場合があります。
  • ・本シミュレーション及び掲載された情報を利用することで生じるいかなる損害(直接的、間接的を問わず)についても、当庁は一切の責任を負うものではありません。実際の資産運用や投資判断に当たっては、必ずご自身の責任において最終的に判断してください。

【本シミュレーションの前提条件】
  • ※年一回の複利計算をしています。
  • ※計算結果は小数点以下を四捨五入しています。
  • ※本シミュレーションでは、JavaScriptを使用したサービスを提供しています。JavaScriptが有効に設定されていない場合、正しく機能しないことがありますので、その場合はJavaScriptを有効にしてご利用ください。