年金運用ホットラインでの情報受付について
〜疑わしい年金運用等に関する情報の提供をお願いします〜

年金運用ホットラインのウェブサイトにアクセスいただきありがとうございます。

証券取引等監視委員会では、年金運用等に関する有用性の高い情報を収集するための専用の窓口「年金運用ホットライン」において、投資一任業者の業務運営の実態等についての以下のような情報を受け付けております。

〔提供いただきたい情報の例〕

  • 投資一任業者における疑わしい運用等の情報
    • (例)相場の上昇局面・下落局面のいずれにおいても高い運用実績が恒常的に続いているなど、市場環境や運用手法の特性等に反する運用実績となっており、その理由が合理的に説明されないような場合

  • 年金投資一任契約の不適切な勧誘に関する情報
    • (例)年金投資一任契約を契約する見返りとして、運用報酬等の一部を年金基金の担当者にリベートとして供与するなど、不適切な勧誘が行われた場合

  • 年金投資一任契約の勧誘の際の不十分な情報提供に関する情報
    • (例)誤解を生ぜしめるような勧誘や虚偽の勧誘が行われたと疑われる場合

    • (例)年金基金の運用方針と異なるものなど、年金基金側の意向に沿わない運用商品を紹介された場合

    • (例)運用に係る報酬や費用を明確に開示しない勧誘が行われ、契約時や契約後に、想定外の費用負担等を行う必要が生じた場合

  • 契約や説明を遵守しない運用に関する情報
    • (例)実際の運用内容が当初の契約内容と一致しない場合

    • (例)運用報告等が実際の運用内容と異なっていると疑われる場合

    • (例)投資一任業者が行うべきデュー・ディリジェンスやモニタリングが不十分で、市場変動等に起因しない不測の損失を蒙った場合

〔情報提供に当たっての留意事項〕

  • 本ホットラインへの情報提供は実名の方を対象としております(匿名の場合は情報提供窓口で受け付けております。)。
  • 情報提供に当たっては、できる限り具体的な情報(運用業者名や商品名、仲介している業者名等)の提供をお願いします。
  • 特に詳細な情報提供をいただける場合、当委員会の年金運用の専門家が対応させていただきますので、面談等の日程を調整するため、ご都合の良い日程及び、電話番号やメールアドレス等の連絡先を予めお知らせください。

《宛先》

○郵送:〒100-8922 東京都千代田区霞が関3−2−1
証券取引等監視委員会 年金運用ホットライン

○直通電話:03−3506−6627

○電子メール:pension-hotline@fsa.go.jp

※当委員会では、情報を提供いただいた方のお名前などの個人情報や情報内容は、外部に漏洩することがないよう、セキュリティーには万全を期しております。

※皆様からの情報提供をベースに、当委員会の年金運用の専門家が積極的かつ質の高い分析を行うことにより、投資一任業者の検査対象先の選定や検査における検証の着眼点の明確化に活用しております。

※当委員会では、調査結果に関する照会への回答等は行っていないほか、個別のトラブル処理・調査等には対応しておりません。その場合、金融商品取引業者の利用者からの相談、苦情の解決や紛争解決サービスを行っている「証券・金融商品あっせん相談センター」等をご紹介しております。

(参考1)匿名の情報提供は、引き続き、当委員会情報提供窓口で歓迎します。

○郵送:〒100-8922 東京都千代田区霞が関3−2−1
証券取引等監視委員会 情報提供窓口

○直通電話:0570−00−3581(一部のIP電話等からは03−3581−9909)におかけください。

○FX:03−5251−2136

○インターネット:https://www.fsa.go.jp/sesc/watch/

(参考2)公益通報者保護法(平成18年4月施行)により、労働者の方が、公益のために労務提供先の法令違反行為を通報したことを理由とした解雇等の不利益な取扱いから保護されるとともに、公益通報を受けた行政機関には、必要な調査や適切な措置をとる義務が課されているところです。こうした公益通報については、当委員会では、公益通報を受け付ける専用の窓口を設置するとともに、電話による相談の対応も行っております。

○郵送:〒100-8922 東京都千代田区霞が関3−2−1
証券取引等監視委員会 公益通報窓口

○直通電話:03−3581−9854

○FX:03−5251−2198

○インターネット:http://www.fsa.go.jp/sesc/koueki/koueki.htm