第7回金融検査マニュアル改訂に関する検討会議事要旨

1.日時:

平成18年12月13日(水曜日)10時00分~12時00分

2.場所:

中央合同庁舎第4号館11階 共用第1特別会議室

3.議題:

  • 金融検査マニュアル改訂について
  • 金融検査評定制度について

4.議事内容:

  • 事務局より金融検査マニュアル(案)について説明。
  • 事務局より経営管理態勢、法令等遵守態勢、顧客保護等管理態勢における「評定段階及び評定における留意点等(案)」について説明。

主な意見は以下のとおり

  • 顧客説明管理責任者については複数の設置が可能となっているが、その責任者が管理全般を統括する責任を連帯して負うということについては、若干の違和感がある。顧客説明マニュアルの内容が法令遵守や利用者保護のために必要な限定された範囲のマニュアルであれば、コンプライアンス統括責任者的な人による一元管理が可能かもしれないが、当該マニュアルにはセールストークといった部分も含まれており、このような広範囲な部分までをコンプライアンスの責任者が責任を負うというのは非現実的ではないか。

  • 顧客説明について法人部門と個人部門に分けて管理している場合において、個人部門で問題となっていることが法人部門でも起こる可能性もあり、必ずしも部門別に管理することがいいとは言えないのではないか。一元的管理が必要な部分もあるのではないか。

  • 顧客説明管理態勢における連帯責任の主旨は、業務が多様化する中、その責任態勢に漏れがなく、各部門間において情報や問題等が共有化されているかというところがポイントであり、連帯責任以外の他の形であっても、その点が担保されていればよいと考えられないか。

  • 不動産に係る担保処分可能見込額を算出するための掛け目については、本来、処分実績等により合理的に算出すべきであるということは理解しているが、中小金融機関の中には、処分実績等が殆どなく、客観的・合理的な掛け目を算出することができない場合もあることから、そのような場合には現在の例示である70%の掛け目を使用できるよう再度検討願いたい。

  • 「経営管理(ガバナンス)態勢」の名称について、現在の案では、その他9評定項目にはガバナンス的要素がないとの誤解を与えかねないので、9項目のガバナンス的要素のうち共通部分を当該管理態勢にて評価するとの理解に基づけば、「経営管理(共通)」「経営管理(共通事項)」といった名称の方が望ましいのではないか。

  • 各評定項目のガバナンス的要素の評価と、「経営管理(ガバナンス)態勢」との評価の間で、二重評価が行われないような運用をいただきたい。

  • 評定における留意点のマイナス要素として挙がっている項目の中には、行為の悪性のみを以ってマイナス評価とするといった例が見受けられるので、評定制度の趣旨に則り、不備事案があったという事実にのみ基づいてマイナス評価とするのではなく、態勢面に問題があるからマイナス評価とするといった表現に改めた方が良いのではないか。

以上

お問い合わせ先

金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)
検査局総務課調査室
(内線2517)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る