第6回 証券取引所のあり方等に関する有識者懇談会議事要旨

1.日時:

平成18年6月30日(金曜日)18時00分~19時30分

2.場所:

中央合同庁舎第4号館9階 金融庁特別会議室

3.議題:

  • 「証券会社の市場仲介機能等に関する懇談会 論点整理」について
  • 証券取引所のガバナンス、組織体制のあり方等について
  • 次回(第7回)以降について  ほか

4.議事内容:

以下の点について説明の後、意見交換

  • 「証券会社の市場仲介機能等に関する懇談会 論点整理」について、金融庁(監督局)より説明
  • 証券取引所のガバナンス、組織体制のあり方等について、当懇談会事務局、東京証券取引所、大阪証券取引所より説明

〈主な意見は以下のとおり〉

相場操縦や不正取引等の売買記録データ収集は、疑わしいものを全てマーキングして追いかけようとすると、システム等の問題もあり頓挫してしまう可能性もある。最初から完成形を求めるのではなく、継続して少しずつでも改善を行うべきである。

法律や規制を精緻に作ったとしても、その隙間をつくような者が現れる。過剰な規制にならないように、自主的な基準や透明性あるルールを作るべきである。

規制によりグローバルな競争力を損なうことのないように、上場企業についても、自主的に目標に誘導するような方法を検討すべき。大枠のルールは必要だが、過度な細かいルール作りは避けねばならない。自主的に判断させる形にして、それでもルールに反するようであれば、罰則を課すなどの対策を採るべきである。

インサイダー取引への対策として、発行体企業に内部者情報の登録を義務付けることが議論されている点については、方向性は定まっていないと思うが、定期・不定期の人事異動を行うごとに登録をし直さなければならないし、製造業では新製品開発の方針決定や公表を行うたびに登録や抹消をしなければならなかったりして、企業に大きな負担をかける割に、抜け道を見つける者は抑えられないことから効果的ではなく、登録義務付けは問題が多い。

世界的に取引所の統合が進んでいるが、当面の間は取引所経営の統合であって、実際の市場は各国の規制の下で行われることになるのではないか。本来の統合の意味は株式市場のサービスの向上、株主にとって使いやすい市場を作ることである。日本の経済をバックボーンとした東証のあり方を世界的にも示すべきである。

金融商品取引法の成立により、自主規制機能強化のための組織形態が規定されることとなった。東証は外形的にも思い切った体制作りが必要である。その点では、ニューヨークなどの海外の事例が参考となる。上場企業のモデルとなるようなガバナンス体制を作ってほしい。自主規制業務の独立性をより一層高めるべきである。

東証の体質は変わりつつある。自主規制機能や取引所のガバナンスは大きなテーマでもあり、今後とも議論を深めていくべきである。

自主規制機能とは何かという定義付けも必要。自主規制とは、取引所だけでなく証券業界全体を規制しているとも言えるのではないか。規制する側だけでなく、規制を受ける立場からも意見を聞き、問題が起きた時の対処の仕方なども検討しておく必要がある。

取引所もこれからはシステム競争となる。日本が世界的に先頭に立とうとするならば、金融庁だけではなく他の省庁とも連携が必要である。また、金融市場という観点だけでなく、幅広い議論が必要である。

ガバナンスの形態について、かつて東証が委員会設置会社形態の下で組織体制を見直すこととしたのは、旧法下においてのこと。今般、金融商品取引法が成立し、自主規制機能の形態がはっきりしたので、そうした法的枠組みを踏まえ、今後とも予断を持たず取組んでいく。

様々な論点が紹介されたが、この懇談会としてどの点を取り上げるのか、何処まで方向性を出していくべきなのかについては議論が必要。

今回の議論では様々なビジョンが示された。次回はある程度論点を整理して議論を深めていくべき。

以上

お問い合わせ先

金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)
総務企画局 市場課市場業務室
(内線3605、3612)本議事要旨は暫定版であるため、今後変更があり得ます。

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る