保険商品の販売勧誘のあり方に関する検討チーム(第10回)議事要旨

1.日時:

平成17年9月16日(金)18時00分~20時00分

2.場所:

中央合同庁舎第4号館9階 金融庁特別会議室

3.議題:

保険契約における適合性原則の遵守について

4.議事内容

  • 小林委員、吉岡委員、土屋委員より、それぞれ、「生命保険募集における適合性原則に関連する取組み」、「損害保険と『適合性の原則』」、「当社の取組み」について、説明が行われた。

  • 朝田委員、荻野委員より、それぞれ、「適合性原則に関わる募集の状況」、「適合性原則の対応」について、説明が行われた。

  • 日本保険仲立人協会八並会長より、「保険仲立人における『誠実義務』の履行」について、説明が行われた。

  • 上記説明に対して自由討議が行われた。主な内容は以下のとおり。

    • 募集人が顧客に対して保険商品を勧める場合、提示しすぎることはかえって混乱を招くことから、現実的には3種類程度の商品を提示することが適当なのではないか。

    • 例えば、募集人からみれば当該顧客に3種類以上の適合的な商品があると思える場合に、募集人は、どのような基準で、3種類の商品に絞っているのか。何か基準のようなものがあるのではないか。

    • 例えば、保険会社や代理店が顧客に勧めるために選んだ保険商品以外のものに、より顧客のニーズに合致したものがある可能性もあるし、保険商品を選ぶ際に、顧客のニーズに全く合致しないものを敢えて混ぜるというようなことが仮にあるとすると、それも問題ではないか。

    • 顧客のニーズに適合していると思われる保険商品について、きちんと商品内容を説明さえしていれば、基本的には、募集人がどのような基準で適合的な商品を選んだかどうか、顧客にとって実際に適合的であったかどうかなどは問題とならないのではないか。問題は、どこまで募集人として説明を尽くすのか、顧客の理解を求めるのかということではないか。

    • 保険会社の引受基準を満たすもののうち、募集人がどのような保険商品を勧めても、その商品内容さえ説明していれば、法的に或いはモラル的に問題ないというのはおかしいのではないか。やはりどこかに限界が存在し、これを売ってはいけないというものが存在するのではないか。

    • 保険仲立人にはベストアドバイス義務が課されており、商品内容の難易度や顧客の理解度に応じ、臨機応変に、分かりやすい資料を用意し、顧客が正確に理解できるまで、繰り返し説明をなしているが、これを適切になさないと顧客との信頼関係を失うことになる。

以上

【内容についての照会先】

金融庁 電話:03-3506-6000(代表)
監督局保険課  錦野 (内線3740)
小畠 (内線3336)
本議事要旨は、暫定版であるため、今後修正があり得ます。

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る