金融経済教育懇談会(第1回)議事要旨

1.日時

平成17年3月3日(木)16時30分~18時30分

2.場所

中央合同庁舎第4号館9階 金融庁特別会議室

3.主な議題

  • ○ 金融庁の取組み状況紹介
  • ○ 金融広報中央委員会の取組み状況紹介
  • ○ 日本証券業協会の取組み状況紹介
  • ○ 今後の懇談会の進め方について
  • ○ 大臣挨拶(別紙
  • ○ 自由討議

【自由討議での主な意見等】

(金融経済教育の必要性について)

  • これまでお金にうといほど善良な市民と思われてきたところ、いきなり自己責任と言われてとまどっているのが現在の状況であり、これに対応していくために金融経済教育が急務。

  • 少子高齢化の進展によって、退職後投資しながら生活していく人生モデルが一般化していることに対応していくことが必要。

  • これからは、少子・高齢化で働く人自体がいなくなる中、資源のない国が額に汗水たらして加工貿易で頑張って生きていくしかない、という従来の発想を変え、代わりに「お金に働いてもらう」のが国益だと、初等中等段階から教えていく必要がある。

  • CSRを果たしている企業を個人が投資を通じて支援していく、という発想も大事。

  • 「経済と道徳の調和」を図っていくことが重要。

(金融経済教育の現状の問題点について)

  • これまでお金の話は教育現場でタブーのところがあった。経済の仕組みまでは教えられても、個々人が金融資産をどう管理するのかまで教えるのはなかなか難しい。

  • 現実の教育現場では、授業時間が減る一方、学習指導要領では包括的に多くを求められており、対応は容易ではない。その中で興味深い面白い授業をどう展開していくかが課題。

  • 学校教育のそれぞれの分野に学界、教科書、出版業者のバックがあり、現行の授業時間の中で金融経済教育を取り入れていくのはなかなか大変。

(今後の金融経済教育の方向性について)

  • 金融経済教育について、官主導で始めて徐々に民におろしていった英国型と、州主導、NPO含め民主導の米国型のいずれの道を採るのか考え方の統一が必要。

  • 米国型、英国型との議論があったが、日本型があってよい。政府が、どういった資本主義社会を目指すのかを明確にし、それからどういった教育を行うかを考えて、学校現場に反映させるといった順番で進んでいくべき。

  • まさに今、金融教育が必要だということであるならば、政治を含めたトップダウンの形で、推進を図ってほしい。

  • 金融広報中央委員会やNPOの活動など、厚みと広がりがようやく出てきた中で、金融庁が何をするかにしぼって検討するのが生産的ではないか。

  • 各団体がそれぞれ素晴らしい活動をすでにしている中、金融庁が何をするかとなれば、まずは認識の統一化だと思う。

  • 教育ということを考える際に、何を、誰が教え、何を考えさせるのか、また経験に基づいた教育ということが重要。

  • 知識以上に体験が大事であり、体験からのフィードバックの機会を作っていくことが必要。

  • アンケート調査についても、その結果に基づいて分析、仮説を作り施策につなげていく一連の流れを作っていくことが重要。

  • 立派な社会人でもお金のことは結構知らないというのが実感。教材は沢山あるので、問題はどれだけリーチをのばせるか。お金の話にダイレクトに持っていかないなど、アプローチを工夫することが大事。

  • 家庭の中での金銭教育も同様に重要。その際には、大所高所から難しいことを言うだけではなく、具体的な例で話をするのがいい。

  • 生涯学習の課題としては、地域という面までどう広がりをもたせていくかが重要。

※ 今後の進め方については別添の日程を了承。6月には何らかの論点整理を行うイメージ。

問い合わせ先

金融庁 Tel:03-3506-6000(代表)
総務企画局政策課 寺門(内線3167)、川西(内線3168)
本議事要旨は、暫定版であるため、今後修正があり得ます。


サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る